2015年11月25日 15時00分 公開
特集/連載

リードするCitrixと追うVMware、「XenApp 7.6」と「Horizon 6」のRDSH機能を比較アプリケーション配信技術、RDSHとは(1/2 ページ)

アプリケーションのリモート配信製品市場では、XenAppが依然としてトップの座を占めているが、VMwareもHorizon 6にリモートデスクトップセッションホスト(RDSH)を追加して差を縮めている。

[Carl Setterlund,TechTarget]
アプリケーション仮想化3社製品システム構成(参照:どれを選ぶか 3大ベンダーのアプリケーション仮想化技術比較)《クリックで拡大》

 多くの場合、完全な仮想デスクトップを配信しなくても従業員のリモート作業は可能だ。米Citrix Systemsの「Citrix XenApp 7.6」と米VMwareの「VMware Horizon 6.1」はどちらも仮想化アプリケーションを個々に配信する機能を備えており、管理者にはこの2製品のいずれかを選択する道がある。

 アプリケーションの公開は、デスクトップに仮想アプリケーションを配信するための便利な機能だが、この機能への注目度が急上昇したのはモバイル端末の業務利用が増加したためだ。XenApp 7.6やHorizon 6.1を利用すれば、デスクトップ仮想化の管理者は、データセンターの「リモートデスクトップセッションホスト」(RDSH)サーバを使って、安全な方法で従業員のスマートフォンやタブレットにアプリケーションを提供できる。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...