2014年12月18日 10時00分 公開
特集/連載

【徹底比較】VMware環境でシンプルなDRを実現するには? 主要製品の違いを見る仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【最終回】

VMware環境でDR(災害対策)を実現するための最適な推奨構成とは。主要各社のバックアップソフト、重複排除ストレージ、統合バックアップアプライアンスの「機能」を徹底比較した。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

比較表のダウンロードはこちら(会員限定、無料)

DR製品に関する比較表はPDFで提供しています。「比較表:VMware環境に最適な『DR(災害対策)』製品」からダウンロードしていただけます。


 今回は、DR(災害対策)の構成や運用をシンプルにするための推奨構成と各メーカーからリリースされている製品の機能比較を行う。内容は下記の通りである。

  • DRを構成する仕組みと方式の一覧
  • シンプルなDR基盤を作ろう!(グレード定義)
  • 製品機能比較
  • 今後のDRのトレンド

DRを構成する仕組みと方式の一覧

 本連載「仮想環境の事業継続製品 選定ポイント」で紹介してきたDRを構成する仕組み、DR方式、実装パターンを一覧にまとめていく。適宜、過去の記事を参照いただきたい。

 DRはデータレプリケーションとグローバルクラスタで構成される。それぞれの仕組みの概要と特徴は以下の通りだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...