2008年09月08日 18時30分 UPDATE
ニュース

NEWSジェイピー・セキュア、純国産WAF製品の最新版でVMwareに対応

シグネチャ型WAF製品「SiteGuard」の最新バージョンをリリース。VMware環境の正式サポートにより、システムリソースを最適化した形でWAFを導入できる。

[TechTargetジャパン]

 ジェイピー・セキュアは9月8日、販売中のシグネチャ型Webアプリケーションファイアウォール(以下、WAF)「SiteGuard」の最新バージョン(Ver.3.00)をリリースした。

 SiteGuardは、セキュリティサービスベンダーのラックが提供する攻撃パターンのシグネチャ「トラステッドシグネチャ」を搭載するソフトウェアベースの純国産WAF製品。パラメータ検査やCookie暗号化などの防御機能と併用することで、既知のアプリケーション攻撃の97%を防御するという(同社調べ)。ホワイトリスト型WAF製品のようにポリシーを作成することなく、トラステッドシグネチャの機能を有効にするだけで運用が開始できるほか、新しい脅威にもトラステッドシグネチャの自動更新で対応できるなど、管理者の負担を削減する。また、過去ログからURLパラメータ名を自己学習し、利用可能なパラメータを制限する「パラメータ検査機能」では、自社アプリケーションに対応したホワイトリストの作成が可能だ。

 最新バージョンではVMware環境を正式サポート。仮想マシンとして稼働することにより、システムリソースを最適化した形でWAFを導入できるとしている。

 稼働環境は、Red Hat Enterprise Linux 3.0〜5.0。サーバライセンス価格(初年度価格)は、178万円、更新価格(次年度以降価格)は53万4000円。

関連ホワイトペーパー

VMware | ファイアウォール | Webアプリケーション


ITmedia マーケティング新着記事

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。

news055.jpg

IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。