2008年06月11日 17時58分 公開
ニュース

ヴイエムウェア、仮想デスクトップ管理製品の日本語版を発売NEWS

デスクトップ向け仮想化製品「VMware Virtual Desktop Manager 2.1」の販売を開始。クラスタ当たりの同時接続数を最大5000までサポートし、数万台規模のデスクトップ管理にも対応する。

[TechTargetジャパン]

 ヴイエムウェアは6月11日、デスクトップ向け仮想化製品「VMware Virtual Desktop Manager 2.1」を発表した。これまで英語版のみ提供されていたが、本アップデート版より日本語環境にも対応した。7月1日より販売パートナーを通じて日本市場へ出荷開始予定だ。

 データセンターからデスクトップを管理できる仮想デスクトップインフラ「VMware Virtual Desktop Infrastructure(VDI)」の主要コンポーネントであるVirtual Desktop Managerは、クライアントと仮想デスクトップマシンとの接続管理を行う。新版のVirtual Desktop Manager 2.1では、Virtual Desktop Managerサーバによるクラスタ当たりの同時接続数を最大5000までサポート。複数クラスタを使用することで何万というリモートデスクトップからの接続が可能だ。

 また、Virtual Desktop Managerをサーバ仮想化プラットフォーム製品と組み合わせることで、「VMware Infrastructure」の特許技術であるメモリオーバーコミット機能を活用してサーバ当たりの実行可能な仮想デスクトップマシン数を増やすことができる。仮想デスクトップ接続数を増やし、管理を一元化することにより、管理工数やサポートコストを削減するとともに、新規にデスクトップを調達する手間が省けるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...