2006年02月09日 09時31分 UPDATE
特集/連載

Columnいまさら聞けない仮想化の基礎――ヴイエムウェア、マイクロソフト、Xen

2006年には「仮想化」は普及の段階に進むだろう。先駆的なITプロたちは、仮想化製品をどのように使っているのだろうか?

[TechTarget]

 2005年に企業に定着した技術を1つ挙げるとすれば、それは仮想化だろう。仮想化ソフトウェアは、だれも(専門家さえも)予想しなかったようなスピードで、開発室からデータセンターに進出した。2006年には、この技術が認知から普及という段階に進むのに伴って幾つかの障害も現れることだろうが、年末までには多くのITプロフェッショナルがデータセンターで仮想化ソフトウェアを運用するようになると予想される。

 ここでは、仮想化とはどういうものか、提供ベンダーはどこか、どう活用されているのかを解説し、今後の展開を予測する。

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news036.jpg

消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。