2006年02月09日 09時31分 UPDATE
特集/連載

Columnいまさら聞けない仮想化の基礎――ヴイエムウェア、マイクロソフト、Xen

2006年には「仮想化」は普及の段階に進むだろう。先駆的なITプロたちは、仮想化製品をどのように使っているのだろうか?

[TechTarget]

 2005年に企業に定着した技術を1つ挙げるとすれば、それは仮想化だろう。仮想化ソフトウェアは、だれも(専門家さえも)予想しなかったようなスピードで、開発室からデータセンターに進出した。2006年には、この技術が認知から普及という段階に進むのに伴って幾つかの障害も現れることだろうが、年末までには多くのITプロフェッショナルがデータセンターで仮想化ソフトウェアを運用するようになると予想される。

 ここでは、仮想化とはどういうものか、提供ベンダーはどこか、どう活用されているのかを解説し、今後の展開を予測する。

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。