2006年02月09日 09時31分 公開
特集/連載

いまさら聞けない仮想化の基礎――ヴイエムウェア、マイクロソフト、XenColumn

2006年には「仮想化」は普及の段階に進むだろう。先駆的なITプロたちは、仮想化製品をどのように使っているのだろうか?

[TechTarget]

 2005年に企業に定着した技術を1つ挙げるとすれば、それは仮想化だろう。仮想化ソフトウェアは、だれも(専門家さえも)予想しなかったようなスピードで、開発室からデータセンターに進出した。2006年には、この技術が認知から普及という段階に進むのに伴って幾つかの障害も現れることだろうが、年末までには多くのITプロフェッショナルがデータセンターで仮想化ソフトウェアを運用するようになると予想される。

 ここでは、仮想化とはどういうものか、提供ベンダーはどこか、どう活用されているのかを解説し、今後の展開を予測する。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...