2012年07月24日 08時00分 公開
特集/連載

VMware vs. Microsoft:「MS製品の方が安い」は通用しないクラウド管理市場食べ放題のSystem Centerは柔軟性に欠ける?

MicrosoftとVMwareは、クラウド管理ソフトのライセンス体系が異なる。1ライセンスで包括的に機能を提供するMicrosoftと、機能単位でライセンスメニューを用意するVMware。来たるクラウド時代ではどちらを選ぶべきか。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 専門家によると、仮想化市場において米Microsoft米VMwareとの間で繰り広げられているエンタープライズITをめぐる競争は、ハイパーバイザーの比較という段階を既に通り越し、戦いの中心はプライベート管理の分野に移ったという。

 米調査会社Iumillnataで主席ITアドバイザーを務めるジョナサン・ユーニス氏によると、5年前は各社のハイパーバイザーを並べて機能や価格を比較するのは容易だった。しかし新たに登場したプライベートクラウドモデルでは、特定ベンダーの戦略を全面的に受け入れることが求められるため、仮想化ツールの比較はほとんど意味がなくなったという。

 「『今日はオレンジを買おうか、それともリンゴを買おうか』というような単純な問題ではない。『リンゴの将来に賭けるか、それとも、かんきつ類の将来に賭けるか』という問題なのだ。両者は全く別種のものなのだ」とユーニス氏は話す。

Microsoftの「バイキング料理」戦略

 Microsoftの戦略を採用する企業にとって、プライベートクラウドソフトウェアは食べ放題のバイキング料理のようなものだ。1ソケット当たりの価格が3607ドル(Enrollment for Core Infrastructure(ECI)プログラムを利用した場合は5056ドル)の「System Center 2012 Datacenter Edition」には現在、

  • Operations Manager
  • Configuration Manager
  • Data Protection Manager
  • Service Manager
  • Virtual Machine Manager
  • Endpoint Protection
  • Orchestrator
  • App Controller

が含まれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。