2016年02月09日 12時00分 UPDATE
特集/連載

数秒でアプリケーションを配信専用の仮想デスクトップはもう不要? 「VMware App Volumes」の仕組み (1/2)

「VMware App Volumes」を使用すると、IT管理者は、非永続的な仮想デスクトッププールから永続的なアプリケーションを配信できる。本稿では、App Volumesの仕組みを紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
tt_aa_kaigai_img.jpg App Volumeのポジション《クリックで拡大》

 VMwareの「VMware App Volumes」は、仮想デスクトップ環境のアプリケーションを配信および管理するリアルタイムアプリケーション管理ツールだ。App Volumesを使用すると、仮想ディスクからアプリケーションをプロビジョニングしてアップグレードできる。この際、アプリケーションをパッケージ化、変更、ストリーミングする必要はない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。