2016年02月09日 12時00分 公開
特集/連載

専用の仮想デスクトップはもう不要? 「VMware App Volumes」の仕組み数秒でアプリケーションを配信(1/2 ページ)

「VMware App Volumes」を使用すると、IT管理者は、非永続的な仮想デスクトッププールから永続的なアプリケーションを配信できる。本稿では、App Volumesの仕組みを紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
App Volumeのポジション《クリックで拡大》

 VMwareの「VMware App Volumes」は、仮想デスクトップ環境のアプリケーションを配信および管理するリアルタイムアプリケーション管理ツールだ。App Volumesを使用すると、仮想ディスクからアプリケーションをプロビジョニングしてアップグレードできる。この際、アプリケーションをパッケージ化、変更、ストリーミングする必要はない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

news014.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news146.jpg

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...