VMwareの監視と保守で使えるiPadアプリ トップ3VMware管理者のための厳選iPadアプリ21(前編)

仮想マシンの起動やシャットダウン、VMware vMotionの使用など、VMwareの基本的な機能を制御するiPadアプリを紹介する。

2011年10月26日 09時00分 公開
[Eric Siebert,TechTarget]

 企業のiPad導入は拡大の一途をたどり、モバイルワーカー以外もiPadを利用するようになっている。実際、VMware管理者にとって便利なiPadアプリも多数提供されている。

 多くのITベンダーがiPadの可能性を認め、従来のハードウェアやソフトウェア製品を管理できるiPadアプリの開発に取り組んでいる。例えば、米Xsigo Systemsは、同社のXMSサーバを介して仮想I/Oを管理する「Xsigo XMS」という非常に便利なアプリケーションを提供している。また、米Cisco Systemsの「Unified Computing System」を管理できる「SiMU Pro」というiPadアプリもある。

 さらに、「VMware vSphere Client」(関連記事:VMware vSphere 4の価値を最大化する管理ツール「vSphere Client/vCenter Server」)や「Secure Shell(SSH)」など、従来のVMware管理ツールキットを補完するiPadアプリも幾つか提供されている。適切なiPadアプリを利用すれば、従来のデスクトップPCやノートPCで成し得なかったレベルの柔軟なVMware管理を実現できる時代になった。

VMwareの監視と保守用のiPadアプリ トップ3

 前編で紹介するVMwareのインフラストラクチャ管理用iPadアプリを使えば、仮想マシンの起動とシャットダウンやVMware vMotionの使用など、基本的な機能を制御できる。

 以下のiPadアプリは、VMware vSphere ClientとVMware vSphereサービスコンソールの一部の機能を実現しているが、完全な代替アプリではない。しかし、これらを使用することで、VMware管理者はフルスケールのコンピュータがなくても、主要な仮想化関連作業を実行できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...