2011年10月26日 09時00分 公開
特集/連載

VMware管理者のための厳選iPadアプリ21(前編)VMwareの監視と保守で使えるiPadアプリ トップ3

仮想マシンの起動やシャットダウン、VMware vMotionの使用など、VMwareの基本的な機能を制御するiPadアプリを紹介する。

[Eric Siebert,TechTarget]

 企業のiPad導入は拡大の一途をたどり、モバイルワーカー以外もiPadを利用するようになっている。実際、VMware管理者にとって便利なiPadアプリも多数提供されている。

 多くのITベンダーがiPadの可能性を認め、従来のハードウェアやソフトウェア製品を管理できるiPadアプリの開発に取り組んでいる。例えば、米Xsigo Systemsは、同社のXMSサーバを介して仮想I/Oを管理する「Xsigo XMS」という非常に便利なアプリケーションを提供している。また、米Cisco Systemsの「Unified Computing System」を管理できる「SiMU Pro」というiPadアプリもある。

 さらに、「VMware vSphere Client」(関連記事:VMware vSphere 4の価値を最大化する管理ツール「vSphere Client/vCenter Server」)や「Secure Shell(SSH)」など、従来のVMware管理ツールキットを補完するiPadアプリも幾つか提供されている。適切なiPadアプリを利用すれば、従来のデスクトップPCやノートPCで成し得なかったレベルの柔軟なVMware管理を実現できる時代になった。

VMwareの監視と保守用のiPadアプリ トップ3

 前編で紹介するVMwareのインフラストラクチャ管理用iPadアプリを使えば、仮想マシンの起動とシャットダウンやVMware vMotionの使用など、基本的な機能を制御できる。

 以下のiPadアプリは、VMware vSphere ClientとVMware vSphereサービスコンソールの一部の機能を実現しているが、完全な代替アプリではない。しかし、これらを使用することで、VMware管理者はフルスケールのコンピュータがなくても、主要な仮想化関連作業を実行できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。