安いストレージは失敗のもと、ベンダーが語るデスクトップ仮想化のリアルな動向Citrix iForum 2011イベントリポート

Citrix iForum 2011のパネルディスカッション「デスクトップ仮想化の期待と現実」をリポートする。デスクトップ仮想化の主要ベンダーが、ユーザー企業のリアルな動向、導入“失敗”事例などを赤裸々に語った。

2011年10月18日 09時00分 公開
[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 クライアント端末のセキュリティ対策や従業員のワークライフバランス、企業の事業継続性の観点でデスクトップ仮想化に期待が集まっている。本稿では、シトリックス・システムズ・ジャパンが10月4日に開催したCitrix iForum 2011で行われたパネルディスカッション「デスクトップ仮想化の期待と現実」の模様をお伝えする。デスクトップ仮想化の導入に関与する企業の代表者6人が集まり、デスクトップ仮想化の導入状況や導入後の課題、今後の展望などを議論した。

登壇者

パネリスト(50音順)

小林章浩氏 ネットワールド勤務。デスクトップ仮想化のSEに従事。

佐山国央氏 ワイズマン勤務。介護や福祉に関するアプリケーションをASPサービスとして提供。

西脇資哲氏 日本マイクロソフト勤務。好きな仮想化技術はマイクロソフトのOptimized Desktop。

細野 淳氏 インターネットイニシアティブ勤務。DaaS(Desktop as a Service)を提供。

宮下 徹氏 ネットワンシステムズ勤務。デスクトップ仮想化の構築や評価・検証に従事。

宮原 徹氏 日本仮想化技術勤務。デスクトップ仮想化をはじめ、仮想化技術の導入、評価にベンダーニュートラルな立場で従事。

モデレーター

新野淳一氏 Publickeyのブロガーとして、技術や製品の最新動向を独自の視点で伝える。


第一部:デスクトップ仮想化の現状と課題

デスクトップ仮想化のニーズはどこにある?

新野 デスクトップ仮想化の導入を検討するユーザー企業は今どのような課題を抱え、ベンダー企業はどのような対応をしているのかをお聞かせください。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。