2008年09月16日 18時37分 UPDATE
ニュース

NEWSインテルら4社、SAP ERPを利用した日本初のVMware DRツール検証

インテル、SAPジャパン、ネットアップ、ヴイエムウェアの4社がSAP Co-Innovation Lab Tokyoで初の共同検証プロジェクト。SAP ERPを使ったディザスタリカバリの実施、検証完了を発表。

[TechTargetジャパン]

 インテル、SAPジャパン、ネットアップ、ヴイエムウェアは9月16日、共同で「SAP ERP」を使ったディザスタリカバリソリューションの検証を行い、検証が完了したことを発表した。この検証は、2008年7月16日に開設されたソリューション研究開発施設「SAP Co-Innovation Lab Tokyo」(以下、COIL Tokyo)での最初のプロジェクトとなる。

 検証プロジェクトでは、電力効率が高く1台で24個のコアが利用できるインテル Xeonプロセッサ 7400番台搭載のサーバ、ネットアップのストレージシステム「FAS3000シリーズ」、ディザスタリカバリプランを簡素化・自動化するソフトウェア「VMware Site Recovery Manager」を組み合わせ、ディザスタリカバリ環境を構築。この検証環境において、プライマリサイトで運用されているSAP ERPが、あらかじめ設定した復旧手順通り復旧サイトで正しくリカバリされることが確認された。SAPアプリケーションを使った VMware Site Recovery Managerの検証が行われたのは日本初となる。

 検証プロジェクトは2008年8月に開始され、約3週間で機器のセットアップやリカバリの検証を終了。4社は今回の検証により、多くのプライマリサイトを最小限のリカバリサーバでカバーし、SAPユーザーに消電力、省スペースで信頼性の高いディザスタリカバリソリューションを提供可能であることが証明されたとしている。検証結果は今後セミナーなどでパートナーやユーザー企業に提供予定。

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

世界の顧客満足度は下降傾向に――Zendesk調査
Zendeskの「カスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版」より。

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...