2008年06月20日 18時06分 公開
ニュース

バックボーン、VMware ESXに対応した仮想マシンバックアップツールをリリースNEWS

VMware ESXのデータ保護ソリューションとしてVCBに対応した「NetVault Backup」オプションをリリース。NetVault Backup 8.1からサポートされ、VMware ESX 3.0、3.5に対応する。

[TechTargetジャパン]

 バックボーン・ソフトウエアは6月20日、サーバ仮想化製品「VMware ESX」のデータ保護ソリューションとしてVCB(VMware Consolidated Backup:VMware ESXの統合バックアップ機能)に対応した「VMware Plugin」をリリースした。VMware Pluginは、同社のバックアップソフト「NetVault Backup」のオプション製品。ユーザーがVCB内部の仕組みを理解したり、複雑なスクリプトを作成したりすることなく、仮想マシンのバックアップ/リストアを行うことができる。NetVault Backupの最新バージョン8.1からサポートされ、VMware ESX 3.0、3.5に対応する。

 NetVault Backup 8.1では、VMwareに対する機能強化に加え、Novellの「Open Enterprise Server(OES)2」のバックアップにも対応。個々のVMware ESXのバックアップ/リストアだけでなく、複数のVMware ESXを管理するVirtualCenter全体のデータ保護を行うことも可能だ。NetVault Backup のGUIを使用し、VMware環境のバックアップ管理も、通常のファイルシステムサーバやアプリケーションサーバと同様に、1台のコンソールからまとめて行える。

 VMware Pluginには3種類のライセンスがあり、それぞれの価格は「VMware Plugin for ESX Server」が1ライセンス 9万6000円、「VMware Plugin for VCB Proxy Server」が1ライセンス 16万2000円、「VMware Plugin for VCB COS-Based Restores」が1ライセンス 3万6000円(すべて税抜き、初年度保守費用込み)。

関連ホワイトペーパー

VMware | バックアップ | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...

news110.jpg

メルカリ調査 フリマアプリで売れる価格は新品の購買意思決定にどれほど影響する?
フリマプリ出品経験者は、フリマアプリでの再販価格が10%上昇すると、新品に支払える上...

news024.jpg

Google検索における2020年上半期の動向 新型コロナの影響でSEOはどう変わる?
新型コロナウイルスの影響が大きかった2020年の上半期ですが、Google検索の動向において...