2012年05月14日 09時00分 公開
特集/連載

VMware vShieldより高性能? OSSの仮想ファイアウォールとIPS/IDS高額なプロプライエタリ製品をしのぐツールも

仮想化製品「VMware vSphere」のセキュリティ機能群である「VMware vShield」は、パフォーマンスや使い勝手に課題がある。本稿は、vShieldをしのぐ性能や機能を持つオープンソースツールを紹介する。

[Mike Nelson,TechTarget]

 米VMwareの仮想ファイアウォール「VMware vShield Zones」のパフォーマンスに不満があるIT担当者は、このツールや同社の侵入保護システムの代替になるオープンソースの選択肢をたくさん見つけることができる。これらの選択肢の中には、プロプライエタリ製品以上に優れたツールもある。

 仮想化製品「VMware vSphere」のEnterprise/Enterprise Plusエディションに含まれるvShield Zonesは、VMwareのセキュリティ製品群「vShield」に属している。私が使ったことがあるのは、vShield製品群の中ではvShield Zonesと、ネットワーク境界のセキュリティを仮想データセンターに提供する「VMware vShield Edge」だけだ。しかし、私の使用経験から考えると、どちらの製品の使い勝手もあまり芳しくなかった。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...