2012年01月19日 09時00分 公開
特集/連載

仮想ネットワークの安全性確保に役立つセキュリティ製品5選仮想化時代のネットワークセキュリティ製品【後編】

仮想環境向けのネットワークセキュリティ製品が充実しつつある。本稿は、Juniper NetworksやVMware、専業ベンダーが販売する5製品を解説する。

[Crystal Bedell,TechTargetジャパン]

 前編「仮想ネットワークの安全性を物理環境と同等に高める方法」では、仮想環境においては物理環境向けのセキュリティ対策がそのままでは通用しないケースがあることを指摘。仮想環境の特性を考慮した対策が重要であることを説明した。

 後編は、VMwareや専業ベンダーなどが販売する仮想環境向けのネットワークセキュリティ製品を説明する。

VMware vShield

 VMwareのセキュリティ製品群「VMware vShield」は、ファイアウォールやVPN、ロードバランサなどを含む仮想アプライアンス「vShield Edge」、仮想マシンレベルのファイアウォール製品「vShield App」、アンチマルウェア製品「vShield Endpoint」で構成されている。

 VMware vShieldの各製品が備える特徴を以下に示す。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...