2012年01月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

仮想化時代のネットワークセキュリティ製品【後編】仮想ネットワークの安全性確保に役立つセキュリティ製品5選

仮想環境向けのネットワークセキュリティ製品が充実しつつある。本稿は、Juniper NetworksやVMware、専業ベンダーが販売する5製品を解説する。

[Crystal Bedell,TechTargetジャパン]

 前編「仮想ネットワークの安全性を物理環境と同等に高める方法」では、仮想環境においては物理環境向けのセキュリティ対策がそのままでは通用しないケースがあることを指摘。仮想環境の特性を考慮した対策が重要であることを説明した。

 後編は、VMwareや専業ベンダーなどが販売する仮想環境向けのネットワークセキュリティ製品を説明する。

VMware vShield

 VMwareのセキュリティ製品群「VMware vShield」は、ファイアウォールやVPN、ロードバランサなどを含む仮想アプライアンス「vShield Edge」、仮想マシンレベルのファイアウォール製品「vShield App」、アンチマルウェア製品「vShield Endpoint」で構成されている。

 VMware vShieldの各製品が備える特徴を以下に示す。

ITmedia マーケティング新着記事

news031.jpg

スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されて...

news116.jpg

電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。

news023.jpg

チャットアプリ利用率、「LINE」と「Facebook Messenger」の差は?――マイボイスコム調べ
わが国におけるチャットアプリのデファクトスタンダードとは。