2012年01月12日 09時00分 UPDATE
特集/連載

仮想化時代のネットワークセキュリティ【前編】仮想ネットワークの安全性を物理環境と同等に高める方法

仮想環境におけるネットワークの安全性確保は一筋縄にはいかない。物理環境向けのセキュリティ対策が通用しないケースがあるからだ。

[Crystal Bedell,TechTarget]

 仮想化技術は、コスト削減やアジリティ、スケーラビリティといったさまざまなメリットをデータセンターにもたらす。一方で、さまざまなセキュリティの問題もはらんでいることを忘れてはならない。

 仮想環境におけるネットワークの脅威からシステムを保護するには、今まで通りのセキュリティ対策では不十分だと、ユーザー企業のIT部門は気付き始めている。ベンダーはこうした新たな需要に対して当然ながら準備を進めている。

 「アプリケーションの種類にかかわらず、仮想環境に置くアプリケーションのデータについては、物理環境でアプリケーションを運用する場合と全く同じセキュリティレベルを確保しなければならない」と、米Forrester Researchの副社長兼主席アナリストであるチェンシー・ワン氏は強調する。「ファイアウォールに適用するルールやネットワークのセグメンテーション、ウイルス対策、データレベルの管理など、どのようなアプリケーションセキュリティ対策を施している場合でも、仮想環境でそれらの対策を再現しなければならない」(ワン氏)

 注意が必要なのは、物理環境向けのネットワークセキュリティ対策は、そのままでは仮想環境に適用できないということだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

SMSでもワンツーワン配信、ユミルリンクが「Cuenote SMS」に機能追加
SMS配信サービス「Cuenote SMS(キューノート SMS)」にURLクリックカウント、差し込み配...

news066.jpg

継続・解約の理由は? 電通ダイレクトマーケティングが健康食品とスキンケア化粧品の定期購入者の実態を調査
年間購入金額は「1万円〜2万円未満」が2割ほどで最も多く、高年齢ほど年間購入金額が大き...

news042.jpg

Tableauが考えるデータドリブン経営におけるコミュニティーの役割
データ活用を組織全体にスケールさせる上で欠かせないこととは何か。