2011年08月03日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「Microsoft以外なら何でも」の二の舞?仮想化市場のVMware優位を揺るがす同盟軍が急成長

KVMの普及を促すOpen Virtualization Alliance(OVA)が急成長している。その視野に仮想化大手のVMwareが入っていることは明らかだ。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 Open Virtualization Alliance(OVA)が急成長している。しかしVMware ESXを抑えてKVM(Kernel-based Virtual Machine)の普及を促すためには、マーケティング業界団体だけでは不十分だとLinuxユーザーは言う(参考:VMware、仮想化の機能競争でMicrosoft、Citrix、Red Hatを依然リード)。

 5月に発足したOVAの目標は、KVMの普及を促すことであって、米VMwareを追い落とすことではないというのが公の立場だ。しかし仮想化大手のVMwareがOVAの視野に入っていることは明らかだ。

 「VMwareが提供する現行の仮想化技術はよく知られており、満足度も高い」と解説するのは、米Red Hatのクラウド事業部ゼネラルマネジャーでOVAの代表委員を務めるスコット・クレンショウ氏。「OVAの目的は、VMware ESXと同じレベルの周知を図り、オープンソースコミュニティーが提供する仮想化技術を理解してもらうことにある」と話す。

 OVAは米BMC Software、米Eucalyptus Systems、米Hewlett-Packard(HP)、米IBM、米Intel、Red Hat、米Novellの面々が創設メンバーとなり、過去数週間で65社以上がOVAに新規加盟した。

 KVMはこの支援体制を利用できるかもしれない。米IDCの最新市場調査によると、VMwareは過去2年の間、売り上げベースで市場シェアの80%前後、販売数ベースでほぼ50%を確保していた。一方、KVMの市場シェアは小さ過ぎてIDCのリポートには出てこない。クレンショウ氏も、Red HatのKVMにおける現時点での採用状況について数値を公表することは避けたが、OVAの成長は需要増大を物語るものだとの見方を示した。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...