2013年12月02日 08時00分 公開
特集/連載

これだけ読めばOK! VMware vSphere 5.5の注目すべき変更ポイントAppHAやFlash Read Cacheを紹介

スケーラビリティやパフォーマンスの向上、高可用性機能など、各種機能が改良・追加された「VMware vSphere 5.5」。変更点の中から、注目すべき点に絞って解説する。

[宮原 徹,日本仮想化技術]

 ヴイエムウェアは2013年9月24日、クラウドインフラおよび管理ソフトウェアパッケージ「VMware vCloud Suite 5.5」の提供開始を発表した。vCloud Suite 5.5には、仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 5.5」も含まれる。VMware vSphereはバージョンが5.1から5.5へと変わるマイナーバージョンアップのため、各種機能が改良、追加されたバージョンとなっている。VMware vSphere 5.5の変更点の中から、注目すべき点について解説する。

vCenter Single Sign On(SSO)

 「vCenter Server 5.1」から導入されたシングルサインオン(SSO)機能には、以下の変更が加わった。

外部データベースが不要となった

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...