丸紅情報システムズ、VMwareベースの仮想化インフラ構築パッケージを販売開始NEWS

丸紅情報システムズは、仮想化でITシステム基盤構築をする際に必要なシステムをパッケージ化した「エムヴイピー」の販売を開始する。

2010年01月20日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 丸紅情報システムズ(以下、MSYS)は1月18日、仮想化でITシステム基盤構築をする際に必要なシステムをパッケージ化した「エムヴイピー」(MVP:MSYS Virtualization Package)の販売を開始する。

 エムヴイピーは、仮想化ソフトウェア、サーバストレージを基本パッケージとして提供し、効率的な仮想化環境を構築目指す仮想化インフラパッケージだ。

 仮想化ソフトウェアはヴイエムウェアの「VMware ESX」、VMware管理ソフトウェアは「VMware vCenter」、サーバは日本ヒューレット・パッカードのラックマウント型サーバシステム「DL360G6」、ストレージはネットアップのストレージシステム「FAS2020A」で構成する。組み合わせの動作については、事前にMSYSで検証済みだ。

画像 エムヴイピー 基本パッケージ システムイメージ

 MSYSによると、エムヴイピーを活用することで、仮想化環境の情報システム構築に最適なハードウェアおよびソフトウェアの選定や事前の動作検証が不要になるため、短期間で構築が可能になるという。

 またエムヴイピーでは、運用において需要の高いデータのバックアップシステム、監視システム、MSYSの自社データセンターを活用した各種クラウドサービスもメニュー化し、オプションとして提供する。

 エムヴイピーの価格は、700万円(税別)から。MSYSは、販売開始から1年間で5億円の売り上げを見込む。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | サーバ | ストレージ | VMware | データセンター


ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...