2008年09月24日 17時52分 公開
ニュース

富士通が海外事業を強化、ITインフラサービスで品質の標準化へ NEWS

富士通がグローバル企業向けの新ITインフラサービスを発表。これまで海外拠点ごとに提供してきたサービスを整理・再構築し、複数国にまたがって均質化・最適化されたサービスを提供していくという。

[TechTargetジャパン]

 富士通は9月24日、海外へ事業展開する企業向けの新たなITインフラサービス「グローバル・インフラストラクチャー・サービス」を10月より提供開始すると発表した。

 同社では従来、海外の各拠点に「データセンターサービス」や「デスクトップマネージドサービス」などのアウトソーシングサービスを提供していた。グローバル・インフラストラクチャー・サービスは、これらを5つのカテゴリーに整理・再構築し、グローバルに均質化・最適化されたITインフラサービスを提供するもの。

 同サービスは、「データセンターサービス」「デスクトップマネージドサービス」「サーバマネージドサービス」「ネットワークサービス」「サービスデスクサービス」の5つのカテゴリーから成る。また、ユーザー企業の各ビジネス拠点のIT部門に対する総合窓口として「グローバルサービスマネージャー」を設置。変更管理やサービスレベル管理などのサービスを提供するとともに、ITインフラ最適化の改善提案を行う。

画像 グローバル・インフラストラクチャー・サービス

 海外へ事業展開する企業は、同サービスを利用することにより複数国にまたがるITインフラの運用や複数のITベンダーの管理など複雑な業務から解放され、グローバルに均質化・最適化されたITインフラサービスを利用することが可能になるという。

 富士通は同サービスの提供へ向け、海外拠点のサービス基盤強化を図る。2009年3月までに、全世界に85カ所のデータセンター、47カ所のサービスデスク拠点を配置する予定。また、ITILに基づく運用プロセスや、TIA(米国通信工業会)およびTUI(The Uptime Institute)の定めるTier基準をベースにしたデータセンター基準を定め、各拠点間でサービス品質の標準化を推進するという。さらに、サービスマネージャーや運用要員の育成のためグループ各社と共同で「グローバルサービスマネージャー養成プログラム」を開発し、適用を進めるとしている。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | データセンター | ITIL | アウトソーシング


ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...