2007年07月31日 23時00分 公開
ニュース

エージーテック、ITIL準拠のITサービスマネジメントツール「Sostenuto ITSM」を販売NEWS

多彩な連携機能などにより、内部統制にかかわるITインフラ構築を短期間で実現

[TechTarget]

 エージーテックは7月31日、ITIL準拠のITサービスマネジメントツール「Sostenuto ITSM」Version 3.0を、シーイーシーを販売元として8月1日より販売開始すると発表した。

 Sostenuto ITSMは、複雑化、高度化する情報システムの運用を容易にするために既存の業務システムを見直し、運用コストの低減やサービス品質の可視化、向上を実現するITサービスマネジメントツール。「インシデント管理」「構成管理」「リリース管理」をはじめとする、ITサービス管理の主要プロセスをあらかじめ定義しているため、ITILを短期間で導入できることも大きな特徴となっている。また、「関連付け」機能により、管理項目間の複雑な関連性が分かりやすく、多様な管理業務に対応するという。

 新バージョンであるVersion 3.0では、「Microsoft Exchange Server」のカレンダー機能との統合を実現したほか、Active Directory/LDAP認証に対応。また、タブオーダー設定、画面サイズ設定、フィールドサイズ調整など、Screen Designerを拡張した。アプレット ウィンドウ・サイズの変更機能の追加やMail Processorの機能向上も行われ、新たにJava 6をサポートしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...