エージーテック、ITIL準拠のITサービスマネジメントツール「Sostenuto ITSM」を販売NEWS

多彩な連携機能などにより、内部統制にかかわるITインフラ構築を短期間で実現

2007年07月31日 23時00分 公開
[TechTarget]

 エージーテックは7月31日、ITIL準拠のITサービスマネジメントツール「Sostenuto ITSM」Version 3.0を、シーイーシーを販売元として8月1日より販売開始すると発表した。

 Sostenuto ITSMは、複雑化、高度化する情報システムの運用を容易にするために既存の業務システムを見直し、運用コストの低減やサービス品質の可視化、向上を実現するITサービスマネジメントツール。「インシデント管理」「構成管理」「リリース管理」をはじめとする、ITサービス管理の主要プロセスをあらかじめ定義しているため、ITILを短期間で導入できることも大きな特徴となっている。また、「関連付け」機能により、管理項目間の複雑な関連性が分かりやすく、多様な管理業務に対応するという。

 新バージョンであるVersion 3.0では、「Microsoft Exchange Server」のカレンダー機能との統合を実現したほか、Active Directory/LDAP認証に対応。また、タブオーダー設定、画面サイズ設定、フィールドサイズ調整など、Screen Designerを拡張した。アプレット ウィンドウ・サイズの変更機能の追加やMail Processorの機能向上も行われ、新たにJava 6をサポートしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...

news100.jpg

メタバース生活者定点調査2023 メタバース利用経験は横ばいでも認知は向上
博報堂DYホールディングスによる「メタバース生活者定点調査2023」の結果です。メタバー...

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...