2007年12月21日 17時43分 公開
ニュース

CTC、短期間で導入できる仮想化統合インフラを発売NEWS

ヴイエムウェアの「VMware Infrastructure 3」、日本ヒューレット・パッカードの「HP BladeSystem c-Class」、日本ネットワーク・アプライアンスの「NetApp FAS」シリーズを組み合わせた仮想化統合インフラ「VM Pool」を発売

[TechTarget]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は12月21日、仮想化統合インフラ「VM Pool」の販売を開始した。本製品はヴイエムウェアの仮想化ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」、日本ヒューレット・パッカードのブレードサーバ「HP BladeSystem c-Class」、日本ネットワーク・アプライアンスのユニファイドストレージ「NetApp FAS」シリーズを組み合わせたソリューション。

 仮想化ソフト、ブレードサーバ、ユニファイドストレージをあらかじめ最適な環境・設定で組み合わせているため、短期間での導入が可能だという。CTC独自の技術検証施設「テクニカルソリューションセンター(TSC)」での事前検証を実施し、高い信頼性を実現したとしている。最小構成価格は1500万円から。

 CTCは2007年12月、ヴイエムウェアとGlobal System Integrator(GSI)契約を締結し、仮想化ソリューションの展開で協業している。

関連ホワイトペーパー

仮想化 | VMware | ブレードサーバ | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

news084.jpg

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

news053.jpg

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...