2008年07月08日 19時54分 UPDATE
ニュース

NEWS丸紅情報システムズ、ストレージの増加分析サービスを無償提供

ファイルサーバ合計実行容量が5Tバイト以上の企業を対象に、ファイルの利用分析リポートを9月末までの期間限定で実施する。

[TechTargetジャパン]

 丸紅情報システムズは7月8日、「ファイルサーバ利用状況分析サービス無償実施キャンペーン」を行うことを発表した。デジベリーの有償サービス「ファイルセンサス・アセスメントサービス」に、丸紅情報システムズのストレージやバックアップに関するコンサルティング機能を付加したサービスを無償提供するもの。

 ファイルセンサス・アセスメントサービスは、複数のファイルサーバに保存されているファイルの種類・数量・容量・利用状況などを調査し、調査範囲内のファイルサーバにどのようなデータがあるのか分析したリポートの提供から、分析リポートを基に調査環境固有の課題を解決する運用方法やストレージ技術などのコンサルティングサービスまでを提供するもの。本キャンペーンではファイルサーバ合計実行容量が5Tバイト以上の企業を対象に、7月9日から9月30日までの期間、アセスメントサービスを無償で提供する。

 調査対象のストレージ機器に一切ソフトウェアをインストールすることなく情報を収集し、収集する情報はファイルプロパティ情報(ファイル名、拡張子、サイズ、作成日、更新日、アクセス日、所有者など)のみとなる。データの中身は一切取得しないため、ファイルサーバおよびネットワークに負荷を掛けず、セキュリティが保たれるのが特徴だ。調査にかかる期間は平均1、2日で、調査開始の約2週間後には分析リポートが提出される。

画像 スペースマップ3段階表示によるリポート例《クリックで拡大》
画像 ストレージ容量増加予測(全体vs主要データ)のリポート例《クリックで拡大》

 丸紅情報システムズは本サービスにより、企業のファイルサーバに保存されているファイルの利用状況の把握と増加予測をにより、最適なストレージ投資が行えるとしている。

関連ホワイトペーパー

サーバ | ストレージ | 運用管理 | 文書管理


ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。