2012年01月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

複数のvCenterも追加可能「VMware Boomerang」──手軽に使えるvSphere Clientの簡易版

VMware BoomerangはVMware vSphere Clientの簡易版であり、複数のVMware vCenter Serverとともに利用できる非常に便利な管理機能だ。仮想マシンのパワーオン/オフなど、仮想環境の単純な管理タスクを実行できる。

[Mike Laverick,TechTarget]

 どうしてこの名前なのかは分からないが、「VMware Boomerang(ブーメラン)」は、米VMwareのWebサイト「VMware Labs」で提供されている最新の“フリング”の1つだ。フリング(fling:「試み」などの意)は、同サイトでVMwareのエンジニアが公開している実験的なツールやプロジェクトを指す。VMware Boomerangは「VMware vSphere Client」(以下、vSphere Client)の機能縮小版であり、複数の「VMware vCenter Server」(以下、vCenter)とともに利用できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

「市ケ谷」「千駄ケ谷」「阿佐ケ谷」 謎のポスターの認知率は約6割――LINE調査
2019年6月にJR中央線の幾つかの駅で掲示された不思議なポスターの認知率を調査した結果。

news028.jpg

SAPが80億ドルで買収したQualtrics、メルカリも活用するXM(Experience Management)とは
2019年1月、SAPはアンケート調査ツールを提供するQualtricsを80億ドルで買収した。「SAP ...

news149.jpg

シャノンが日本郵政グループのJPメディアダイレクトと連携、DM×MA施策を共同提供
DMの自動印刷・発送機能とMAサービスの連携および共同マーケティング活動を開始。