2012年01月18日 09時00分 公開
特集/連載

「VMware Boomerang」──手軽に使えるvSphere Clientの簡易版複数のvCenterも追加可能

VMware BoomerangはVMware vSphere Clientの簡易版であり、複数のVMware vCenter Serverとともに利用できる非常に便利な管理機能だ。仮想マシンのパワーオン/オフなど、仮想環境の単純な管理タスクを実行できる。

[Mike Laverick,TechTarget]

 どうしてこの名前なのかは分からないが、「VMware Boomerang(ブーメラン)」は、米VMwareのWebサイト「VMware Labs」で提供されている最新の“フリング”の1つだ。フリング(fling:「試み」などの意)は、同サイトでVMwareのエンジニアが公開している実験的なツールやプロジェクトを指す。VMware Boomerangは「VMware vSphere Client」(以下、vSphere Client)の機能縮小版であり、複数の「VMware vCenter Server」(以下、vCenter)とともに利用できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...