2012年01月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

複数のvCenterも追加可能「VMware Boomerang」──手軽に使えるvSphere Clientの簡易版

VMware BoomerangはVMware vSphere Clientの簡易版であり、複数のVMware vCenter Serverとともに利用できる非常に便利な管理機能だ。仮想マシンのパワーオン/オフなど、仮想環境の単純な管理タスクを実行できる。

[Mike Laverick,TechTarget]

 どうしてこの名前なのかは分からないが、「VMware Boomerang(ブーメラン)」は、米VMwareのWebサイト「VMware Labs」で提供されている最新の“フリング”の1つだ。フリング(fling:「試み」などの意)は、同サイトでVMwareのエンジニアが公開している実験的なツールやプロジェクトを指す。VMware Boomerangは「VMware vSphere Client」(以下、vSphere Client)の機能縮小版であり、複数の「VMware vCenter Server」(以下、vCenter)とともに利用できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...