2012年01月18日 09時00分 UPDATE
特集/連載

複数のvCenterも追加可能「VMware Boomerang」──手軽に使えるvSphere Clientの簡易版

VMware BoomerangはVMware vSphere Clientの簡易版であり、複数のVMware vCenter Serverとともに利用できる非常に便利な管理機能だ。仮想マシンのパワーオン/オフなど、仮想環境の単純な管理タスクを実行できる。

[Mike Laverick,TechTarget]

 どうしてこの名前なのかは分からないが、「VMware Boomerang(ブーメラン)」は、米VMwareのWebサイト「VMware Labs」で提供されている最新の“フリング”の1つだ。フリング(fling:「試み」などの意)は、同サイトでVMwareのエンジニアが公開している実験的なツールやプロジェクトを指す。VMware Boomerangは「VMware vSphere Client」(以下、vSphere Client)の機能縮小版であり、複数の「VMware vCenter Server」(以下、vCenter)とともに利用できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...