国内のVMware対応アプリケーションを確認できるサイトが開設NEWS

ヴイエムウェアは「VMware対応アプリケーション登録・閲覧サイト」を開設した。ユーザー企業は、既存のアプリケーションについて、仮想化環境のサポート状況を素早く確認できる。

2010年03月12日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 ヴイエムウェアは3月10日、VMwareに対応した国内のアプリケーションを掲載する「VMware対応アプリケーション登録・閲覧サイト」を開設した。同社は今後、国内で販売されている多くのVMware対応ソフトウェア製品を紹介していくという。

 同サイトは、アプリケーションの開発・販売を手掛ける企業が、VMware対応のアプリケーションを登録するWebサイト。既に国内で販売されている190種類以上の主要製品が掲載されている。製品のユーザー企業やパートナー企業がサイトを参照することで、仮想化を導入する際、既存のアプリケーション(業務ソフトウェアやバックアップ、セキュリティなど)について、仮想化環境のサポート状況を販売元に確認する必要がなくなる。

 本サイトには現在、「VMware vSphere」および「VMware Infrastructure」対応製品が登録されているが、5月までに「VMware View」のカテゴリを追加し、デスクトップ仮想化対応アプリケーションの掲載を開始する予定だ。ヴイエムウェアは今後、日本国内のVMware対応アプリケーションの登録を積極的に推進し、2010年末までに主要なアプリケーションベンダー100社以上から1000製品登録することを計画している。

関連ホワイトペーパー

VMware | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news214.png

月額2000円から使える次世代DOOH配信システム フリークアウトグループ会社が提供開始
Ultra FreakOutは、デジタルサイネージ配信システム「Maroon」の正式版の提供を開始した。

news066.jpg

AIが検出したZ世代のコミュニケーション特性――コグニティ調査
商談や打ち合わせといったビジネスコミュニケーションにおいて、Z世代は他の世代と比較し...

news155.png

インバウンド事業者向けに動画で多言語コンテンツ ベーシックが制作支援サービスを提供開始
ベーシックとこんにちハローは、インバウンド需要向けのコンテンツ制作支援を目的とした...