2008年10月08日 08時00分 公開
特集/連載

VMware環境で仮想マシンのスナップショットを活用する仮想化環境の運用に欠かせないスナップショット

仮想マシンのスナップショットは有益なツールだが、特徴や仕組みを理解しないまま利用すると、ディスク容量の問題や仮想マシンの不調につながる恐れがある。

[Hannah Drake,TechTarget]

 仮想マシン(VM)のスナップショットは、IT管理者にとって有益なツールだ。復元ポイントを提供してくれるため、例えばパッチ適用やアップグレードが失敗した場合のダメージを最小限に抑えるのに役立つ。しかし、特徴や仕組みを理解しないままスナップショットを利用すると、ディスク容量の問題やVMの不調につながる恐れがある。本稿では、スナップショットを効果的に活用する方法を紹介しよう。

スナップショットの基本

 スナップショットは、特定時点におけるVMディスクファイルをコピーしたもので、Windowsの復元ポイントによく似ている。スナップショットを作成すると、元のVMディスクファイルへの書き込みができなくなり、すべての新しい書き込みがVMのスナップショット版に対して行われることにより、元のVMディスクファイルが保持される。

 スナップショットは、元のVMディスクフォーマット(VMDK:Virtual Machine Disk Format)ファイルよりも決して大きくならない。VMのスナップショットが既に存在する場合に新しいスナップショットを作成すると、古いスナップショットは読み取り専用になる。そのVMに適用した変更(アップグレードや修正など)を確定してよいと考えたら、スナップショットを削除し、スナップショットのデータを元のVMDKファイルにコミットできる。スナップショットをコミットすると、VMをそのVMDKファイルの内容より古い時点の状態には戻せなくなる。

 スナップショットファイルにはさまざまな種類があり、それらをすべて理解すれば、スナップショットのメカニズムを把握するのに役立つ。

各種の仮想化プラットフォームによるスナップショットの作成

 VMware ESXでスナップショットを作成する方法は2つある。VMware Infrastructure Client(VI Client)でスナップショットマネージャを使うか、コマンドラインユーティリティーのvmware-cmdを使うかだ。

 Microsoft Hyper-Vでスナップショットを作成するには、Hyper-V管理コンソールで提供されるオプションを使う。このオプションは、スナップショットを作成したいVMを右クリックすると表示される。

 今のところ、Linuxディストリビューションでは、オープンソースのCitrix XenServerスタックを使ってVMのスナップショットを作成するものはない。だが、標準的なLinuxツールを使うことでスナップショットを作成できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...