Microsoft Virtual Serverのバックアップ――注意点と対策シャットダウンせずにバックアップするには

一筋縄ではいかないMicrosoft Virtual Server 2005のバックアップ方法を幾つか紹介する。

2007年07月09日 05時00分 公開
[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 Microsoft Virtual Server 2005 R2でのバックアップは、.VHDファイルのサイズと特殊な性質のせいで、面倒な手順が必要になる。この手順を踏まずに、.VHDファイルを単純な方法でバックアップするのは危険だ。

 だが、仮想マシン(VM)上でバックアップソフトウェアを実行し、VM上のすべてのデータをバックアップすることも可能だ。実は多くの人がこうしている。この場合、各VMにバックアップソフトウェアをインストールして保守するという手間が加わるほか、サードパーティー製のバックアップソフトを使うのであれば、そのライセンスも追加購入しなければならないにもかかわらずだ。

 これに対し、.VHDファイル自体を外部からバックアップするのは一筋縄ではいかない。稼働中の仮想コンピュータのバックアップコピーを作成した場合――開いているファイルのスナップショットコピーの作成に利用できるVolume Shadow Copyサービスを利用したとしても――その仮想コンピュータは、リストアして再起動することはほぼ問題なくできるが、想定通りに動作する保証はない。システムの稼働中に.VHDのスナップショットイメージを作成すると、仮想コンピュータのデータの一貫性が保たれないからだ。書き込みがディスクにコミットされていない、あるいはプログラムの設定が変わってしまっている、といった可能性がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...