2007年07月09日 05時00分 UPDATE
特集/連載

シャットダウンせずにバックアップするにはMicrosoft Virtual Serverのバックアップ――注意点と対策

一筋縄ではいかないMicrosoft Virtual Server 2005のバックアップ方法を幾つか紹介する。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 Microsoft Virtual Server 2005 R2でのバックアップは、.VHDファイルのサイズと特殊な性質のせいで、面倒な手順が必要になる。この手順を踏まずに、.VHDファイルを単純な方法でバックアップするのは危険だ。

 だが、仮想マシン(VM)上でバックアップソフトウェアを実行し、VM上のすべてのデータをバックアップすることも可能だ。実は多くの人がこうしている。この場合、各VMにバックアップソフトウェアをインストールして保守するという手間が加わるほか、サードパーティー製のバックアップソフトを使うのであれば、そのライセンスも追加購入しなければならないにもかかわらずだ。

 これに対し、.VHDファイル自体を外部からバックアップするのは一筋縄ではいかない。稼働中の仮想コンピュータのバックアップコピーを作成した場合――開いているファイルのスナップショットコピーの作成に利用できるVolume Shadow Copyサービスを利用したとしても――その仮想コンピュータは、リストアして再起動することはほぼ問題なくできるが、想定通りに動作する保証はない。システムの稼働中に.VHDのスナップショットイメージを作成すると、仮想コンピュータのデータの一貫性が保たれないからだ。書き込みがディスクにコミットされていない、あるいはプログラムの設定が変わってしまっている、といった可能性がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news124.jpg

「ビジネスライフをブログで救われた」 アジャイルメディア徳力基彦氏が情報発信を勧める理由
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news108.jpg

マーケティングは自分に関わる全てを幸せにするサイクル――アドビ 小沢 匠氏が音楽から得た本質
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

エンワールド・ジャパン片山 旭氏が語る、マーケターからカスタマーサクセス スペシャリストへの道
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...