プロトン、「仮想化/バックアップ統合ソリューション」を発売NEWS

プロトンが、SWsoftとの代理店契約により、「仮想化/バックアップ統合ソリューション」を発売する。本ソリューションは、仮想化ソフト、バックアップソフト、サーバ、NAS、サーバOS、サポートなどで構成される。

2007年05月25日 18時45分 公開
[TechTarget]

 プロトンは5月25日、SWsoftと代理店契約を締結し、SWsoftのOS仮想化ソフト「Virtuozzo」と、プロトンが国内総代理店として販売しているバックアップソフト「Acronis True Image Server」などを組み合わせた「仮想化/バックアップ統合ソリューション」を5月30日より販売開始すると発表した。本ソリューションはこのほか、デュアルコア インテルXeonプロセッサを搭載したNEC製サーバ「Express5800/120Li」、シリアルATA II HDDを搭載したNEC製タワー型NAS「IStorage NS46P」などで構成される。

 これにより企業は、業種や業務を問わずにITインフラストラクチャのリソースを最大限に利用でき、効率よくサーバ仮想化環境を構築することが可能になるという。本ソリューションの中核となるVirtuozzoは、1つの物理サーバとOSインスタンス上に仮想環境と呼ばれる独立したパーティションを作成することで、OSそのものを仮想化する。複数の仮想環境が1つのOSカーネルを共有でき、1つのカーネルしか動作しないため、ハードウェアリソースや運用コストが抑えられるという。また、1つの物理サーバ上に数百の仮想環境を作成することも可能なので、物理サーバの数を減らすこともできるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

AIがパッケージデザインを数秒で評価するシステム インテージグループ会社がアジア3カ国で提供開始
パッケージデザイン開発のスピードアップとコストダウン、効率化と高度化を実現。調査結...

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...