ESXiをSmartNICで動かすヴイエムウェア「Project Monterey」は買収でどうなる?VMwareラグラムCEOに聞く買収の真実【第5回】

BroadcomによるVMwareの買収で「Project Monterey」など、VMwareが他社と進めている事業の方針転換はあり得るのか。VMwareのCEO、ラグー・ラグラム氏に聞いた。

2022年10月18日 05時00分 公開
[Aaron TanTechTarget]

関連キーワード

VMware | CEO | サーバ仮想化 | ベンダー


 仮想化ベンダーVMware(ヴイエムウェア)は、半導体ベンダーBroadcomによる買収を機に同社との協業を進める。Broadcom以外の協業ベンダーとの関係はどう変化するのか。VMwareのCEOラグー・ラグラム氏が、Broadcomとの協業について語った。

SmartNICでESXiを動かす「Project Monterey」は買収でどうなる?

―― VMwareとBroadcomの相乗効果の可能性について考えたとき、プログラム可能なNIC(ネットワークインタフェースカード)「SmartNIC」でハイパーバイザーの「VMware ESXi」を実行できるようにする取り組み「Project Monterey」が頭に浮かびました。これはBroadcomとVMwareが協力することでメリットが得られると考えられる事業だからです。VMwareとBroadcomは、Project Montereyでどのように協業しますか。

ラグラム氏 現時点ではBroadcomはSmartNICを提供していない。そのためProject Montereyで実施している他社との協業は、Broadcom以外のベンダーとの協業だ。Project Montereyには2020年ごろから取り組んでおり、間もなくその青果物となる製品の提供を開始する。

 Broadcomには汎用(はんよう)の半導体部品である「マーチャントシリコン」、特定用途向けIC(集積回路)である「ASIC」(Application-Specific Integrated Circuits)などの半導体技術で、イノベーションを生み出してきた長い実績がある。VMwareはソフトウェアでイノベーションを生み出してきた。

 私はVMwareのソフトウェアエンジニアやシステムエンジニアと、Broadcomの半導体エンジニアの間でコラボレーションの機会があると確信している。買収が完了したら、幾つかの刺激的な新しいコラボレーションが生まれることを楽しみにしている。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...