2023年09月04日 05時00分 公開
特集/連載

BroadcomによるVMware買収が「不当だ」と見なされた理由BroadcomによるVMware買収がもたらす変化【第3回】

BroadcomによるVMwareの買収について、欧州委員会と英国競争市場庁(CMA)が調査に乗り出している。規制当局がBroadcomによる買収を警戒するのはなぜなのか。

[Dimitris MavrakisTechTarget]

 Broadcomは2022年に、VMwareの買収を発表した。VMwareが注力してきたクラウド市場での競争は、多額の資金を投じられるかどうかに左右される。クラウド市場におけるVMwareの今後は、Broadcomによる買収後の戦略と投資に懸かっている。気になるのは、規制当局がこの買収を懸念していることだ。

Broadcom によるVMware買収はなぜ警戒されるのか

併せて読みたいお薦め記事

連載:BroadcomによるVMware買収がもたらす変化


 2023年8月末時点でのVMwareの時価総額は700億ドルを超えているが、Microsoftなどの大手クラウドベンダーと比べると、その額は小さい。Microsoftの時価総額は、2023年8月末時点で約2.5兆ドルだ。VMwareが競争力を高められるかどうかは、Broadcomによる買収がどう出るかに左右されると言っていい。

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会と英国競争市場庁(CMA)は、BroadcomによるVMware買収の調査に乗り出した理由として、不当に競争優位性を確保する可能性がある点を挙げている。VMwareは仮想化ソフトウェアの市場で強固な地位を確立したベンダーだ。一方のBroadcomは、ネットワークインタフェースカード(NIC)やストレージアダプター、ホストバスアダプター(HBA)といったデバイスを提供している。VMware製ソフトウェアとの情報のやりとりが生じるこれらのデバイスをBroadcomが提供する際、VMwareの地位を利用して不当に優位性を確保する懸念があるという。


 調査会社のABI Researchは、欧州委員会やCMAの懸念は間違いだと主張している。第4回はその理由を説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...