2011年07月28日 22時30分 公開
ニュース

米TintriのVMware環境専用NAS製品の国内販売を発表 ノックスNEWS

ノックスが米Tintriが開発したNAS型ストレージ製品の国内販売を9月から開始すると発表した。

[TechTargetジャパン]

 ノックスは7月26日、NAS(Network Attached Storage)型ディスクストレージ「Tintri VMstore T445」(以下、VMstore T445)の国内総代理店契約を開発元の米Tintriと締結し、2011年9月から販売開始すると発表した。

photo Tintri VMstore T445

 VMstore T445は、1.4Tバイトのソリッドステートドライブ(SSD)と8.5Tバイト(実行容量:RAID6)のSATAとのハイブリッド構成を取るディスク装置。ノックスによると、SSD へのアクセスをIO処理の93%以上にすることで、ディスクへのアクセス遅延を抑えた高いパフォーマンスを堅持するという(関連記事:情報ライフサイクル管理(ILM)を支える階層型ストレージ)。

 また、VMwareとのAPI連携機能を持つ独自の専用ファイルシステムを搭載し、仮想マシンごとに優先順位を付けたサービス設定や、IOPSの分析によるパフォーマンス統計情報の取得およびその負荷分散などの作業を簡略化する 。さらに、従来FC-HDD 240ディスクが必要(2ラック)な5万IOPSの場合でも4Uサイズに収容でき、その導入を約15分程度で完了できるなど設定も容易だとしている。

関連ホワイトペーパー

NAS | ストレージ | 環境保護 | ILM | VMware | API | 負荷分散 | SMB


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。