2011年06月30日 09時00分 公開
特集/連載

高性能とシンプルを追求したSMB向けストレージ「EMC VNXe」SMB向けストレージ製品紹介:EMCジャパン

EMCが2011年2月に発表したエントリー向けストレージ製品「EMC VNXe」シリーズ。エンタープライズ向けストレージ技術のアーキテクチャを継承し、SMBに必要な機能を厳選して活用できる。

[富永康信,ロビンソン]

 年々増大するデータの管理と運用が企業の大きな足かせとなっている。最近は“ビッグデータ”というキーワードが注目を集めているように、企業が保有するデータはさらに増え続けている(参考:ゼタバイト時代の企業ストレージ環境とは)。また、画像や動画、音声などのように取り扱うデータの種類も増え、それらを効率的に管理する技術が求められている。さらに今後はストレージへの投資金額がサーバ投資を上回るとも言われている。

 こうしたストレージに対する課題は大企業だけが直面するものではなく、中堅・中小(SMB)企業にも共通している。この連載では、特に「人」「予算」「スキル」が限られているSMB企業の問題を解決するストレージを取り上げる。

SMB向けストレージで必要な3つの要素を実現

 EMCは2011年2月、従来のミッドレンジ向けストレージ製品群「EMC CLARiX」「EMC Celerra」の後継としてVNXファミリを発表した。その中のエントリークラス向けユニファイドストレージ製品群「EMC VNXe」(以下、VNXe)シリーズはEMCのエンタープライズ向けストレージ技術のアーキテクチャを継承しながら、SMBに必要な機能に絞って提供することで「シンプル」「効率的」「コストメリット」の3つを実現しているという。

photo 「VNXeによってストレージ管理の負担を大幅に削減する」と語るEMCの中野氏

 EMCのマーケティング本部 ストレージ製品マーケティング・マネージャー 中野逸子氏は「SMBのシステム管理者の多くは、サーバやストレージ、ネットワークの全ての面倒を見なければならない。そのため、なるべく手間を掛けず、専門スキルも必要なく運用できることが重要だ」と説明する。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | EMC | 運用管理 | SMB | Exchange | サーバ | 仮想化 | NAS | RAID | SAN | VMware | Hyper-V | IT投資


ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...