2011年09月07日 09時00分 公開
特集/連載

VMware vSphereとHyper-Vを組み合わせるメリットとは?Hyper-Vのラインセンスの仕組み

VMwareの仮想化インフラストラクチャにHyper-Vを導入するとどの程度有益なのか。Hyper-Vのライセンスは、2つ目のハイパーバイザーとしてコストに見合うのかを見ていこう。

[Greg Shields,TechTarget]

 米VMwareのVMware vSphereと米MicrosoftのHyper-Vは競合製品でありながら、統合もできる。VMware vSphereの仮想化インフラストラクチャにMicrosoftの仮想化プラットフォームを追加すると有益な理由は幾つかある。

 現時点ではMicrosoftの仮想化を検討していなくても、Hyper-Vの導入率が上昇していることを考えると、いつの日かHyper-Vの管理を頼まれるようになるかもしれない。Microsoftのハイパーバイザーを理解するには、まずHyper-Vのライセンスを知ろう(関連記事:Hyper-V環境でのMicrosoft Windows Serverライセンスの仕組みとは?)。

Hyper-Vのライセンスの仕組み

 Hyper-Vのボタンやボックスの詳細に首を突っ込む前に、この仮想化プラットフォームが実際の展開ニーズにかなうかどうかを判断する必要がある。既にVMware vSphereに時間と資金を投じているのなら、2つ目のハイパーバイザーがどのように役立つかと、Hyper-Vのライセンス費用がそれに見合うかどうかを判断する。

関連ホワイトペーパー

Hyper-V | 仮想化 | Windows Server 2008 R2 | ROI


ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...