2011年09月07日 09時00分 公開
特集/連載

VMware vSphereとHyper-Vを組み合わせるメリットとは?Hyper-Vのラインセンスの仕組み

VMwareの仮想化インフラストラクチャにHyper-Vを導入するとどの程度有益なのか。Hyper-Vのライセンスは、2つ目のハイパーバイザーとしてコストに見合うのかを見ていこう。

[Greg Shields,TechTarget]

 米VMwareのVMware vSphereと米MicrosoftのHyper-Vは競合製品でありながら、統合もできる。VMware vSphereの仮想化インフラストラクチャにMicrosoftの仮想化プラットフォームを追加すると有益な理由は幾つかある。

 現時点ではMicrosoftの仮想化を検討していなくても、Hyper-Vの導入率が上昇していることを考えると、いつの日かHyper-Vの管理を頼まれるようになるかもしれない。Microsoftのハイパーバイザーを理解するには、まずHyper-Vのライセンスを知ろう(関連記事:Hyper-V環境でのMicrosoft Windows Serverライセンスの仕組みとは?)。

Hyper-Vのライセンスの仕組み

 Hyper-Vのボタンやボックスの詳細に首を突っ込む前に、この仮想化プラットフォームが実際の展開ニーズにかなうかどうかを判断する必要がある。既にVMware vSphereに時間と資金を投じているのなら、2つ目のハイパーバイザーがどのように役立つかと、Hyper-Vのライセンス費用がそれに見合うかどうかを判断する。

関連ホワイトペーパー

Hyper-V | 仮想化 | Windows Server 2008 R2 | ROI


ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...