2011年07月21日 09時00分 公開
特集/連載

Windows仮想デスクトップライセンスを賢く導入する3つの方法小規模導入で役立つ裏技を紹介

Windows 7上でXPモードを使いWindows 7のVMを無償で実行する方法、有償のデスクトップ仮想化ライセンスの選び方、最もシンプルなMicrosoftボリュームライセンスプログラムの3つを紹介する。

[Paul DeGroot,TechTarget]

 仮想デスクトップインフラは大企業だけのものではない。インフラ要件の低い製品を使用することで、どんな規模の企業でも大金を投じずにWindowsデスクトップPCを仮想化できる。問題は、Windows仮想デスクトップのライセンスを取得するのに費用対効果の高い方法は何かということだ。

 米Microsoftは、仮想デスクトップ環境でのWindowsのライセンスオプションを幾つか用意しているが、ここではライセンス費用が掛からない方法から順に紹介する。

関連ホワイトペーパー

Windows 7 | 仮想化 | Linux | マルウェア


ITmedia マーケティング新着記事

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...

news144.jpg

正月三が日のテレビ視聴は過去10年間で最高値――ビデオリサーチ調査
正月三が日の総世帯視聴率(HUT)は過去10年で最高値となり、年末年始のテレビ視聴は例年...

news066.jpg

KOLやKOCによる口コミを創出するために必要なこと
中国向けにマーケティングを行う上で重要なのが口コミである。口コミには友人・知人間で...