2009年07月16日 08時00分 公開
特集/連載

仮想化でデスクトップのライセンスコストを削減する方法仮想マシンでWindowsを実行するための「VECD」ライセンス

MicrosoftがWindowsユーザー企業に提供しているライセンス「Windows Vista Enterprise Centralized Desktop」を上手に利用すると、仮想化でデスクトップのライセンスコストを削減することができる。

[Danielle Ruest, Nelson Ruest,TechTarget]

 仮想サーバの場合と同様、仮想デスクトップを利用するに当たっては、各ユーザーのデスクトップに適切なライセンスが備わっていることを確認しなければならない。MicrosoftWindowsを利用している企業の便宜を図るために「Windows Vista Enterprise Centralized Desktop」(VECD)というライセンスを提供している。

 このライセンスはWindows VistaのEnterpriseエディションがベースとなっており、MicrosoftとEnterprise Agreementを締結する必要がある。VECDライセンスは、仮想化されたデスクトップをローカルマシンおよびサーバ上で実行できるというユニークなライセンス形態を提供する。VECDは以下の特徴を備える。

  • Windows Vista Enterprise(またはダウングレードされたデスクトップOS)をサーバ上に無制限にインストール可能
  • アクセスデバイス別に仮想デスクトップをライセンスできる。ユーザーが任意のデバイスから仮想デスクトップにアクセスするたびに、1つのライセンスが使用される。会社でライセンスされたデバイスの主要ユーザーであれば、そのユーザーの自宅のコンピュータからサーバ上の仮想デスクトップマシンに無償でリモートアクセスできる
  • 各ユーザーは同一のアクセスデバイス上で一度に最大4つの仮想インスタンスを実行できる。しかし2台のアクセスデバイスを使って4つのセッションに接続することはできない。各アクセスデバイスごとに1つのライセンスが必要とされるからだ
  • 企業は静的または動的にホスティングされたデスクトップアーキテクチャを実行できる。静的デスクトップでは特定の仮想マシン(VM)がユーザーに割り当てられる。動的デスクトップはユーザーのニーズに応じて、その都度生成される
  • 仮想デスクトップはMicrosoftインフラあるいは非Microsoftインフラ上で動作できる。例えば、以下のような構成が可能だ

  ・Citrix XenDesktopを利用する場合には、Citrix XenServer、VMware ESX、あるいはHyper-Vを備えたMicrosoft Windows Server 2008上でデスクトップVMをホスティングできる

  ・VMwareまたはMicrosoftのCitrixベースの仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)を利用する場合には、それぞれのサーバ仮想化プラットフォーム上でデスクトップVMをホスティングできる

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...