Hyper-V環境でのMicrosoft Windows Serverライセンスの仕組みとは?サーバ仮想化でますます複雑に

マイクロソフトのサーバライセンスは難解だ。仮想環境においてはさらにライセンスの取り扱いが複雑化する。しかし、OSの種類と仮想サーバの数を整理すれば、Windows Serverのライセンスを理解できるだろう。

2010年09月09日 08時00分 公開
[Brien M. Posey,TechTarget]

 データセンターにサーバ仮想化を導入すると、ソフトウェアライセンスが複雑化する。そして、マイクロソフト製品はライセンスポリシーが分かりにくい。

 しかし、Windows ServerHyper-Vを利用している企業のシステム管理者にとって、サーバ仮想化に伴うライセンス問題およびマイクロソフトの複雑なライセンスに対応するのは容易ではない。本稿では、Hyper-V環境におけるWindows Serverライセンスの仕組みを明らかにしたい。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...