2010年09月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

サーバ仮想化でますます複雑にHyper-V環境でのMicrosoft Windows Serverライセンスの仕組みとは?

マイクロソフトのサーバライセンスは難解だ。仮想環境においてはさらにライセンスの取り扱いが複雑化する。しかし、OSの種類と仮想サーバの数を整理すれば、Windows Serverのライセンスを理解できるだろう。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 データセンターにサーバ仮想化を導入すると、ソフトウェアライセンスが複雑化する。そして、マイクロソフト製品はライセンスポリシーが分かりにくい。

 しかし、Windows ServerHyper-Vを利用している企業のシステム管理者にとって、サーバ仮想化に伴うライセンス問題およびマイクロソフトの複雑なライセンスに対応するのは容易ではない。本稿では、Hyper-V環境におけるWindows Serverライセンスの仕組みを明らかにしたい。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。