2009年10月06日 08時00分 公開
特集/連載

旧ターミナルサービスは大きく進化を遂げるWindows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス機能トップ10(その1)

Windows Server 2008 R2のリモートデスクトップサービス(RDS)で最も魅力的に進化した機能を、トップ10形式で3回に分けて紹介する。今回は、まず10位から3位までを発表する。

[Greg Shields,TechTarget]

 現行のWindows Server 2008では、ターミナルサービス(TS)は機能面で従来より高い要求レベルに対応すべく開発された。

 このバージョンで、Microsoftが長年提供してきたリモートアクセスソリューションにはさまざまな新機能が追加され、このソリューションが多くの企業に選択されるのに貢献した。

 しかし、Windows Server 2008のアップグレードされたTSでは、RemoteApp、Webアクセス、TSゲートウェイによるインターネット経由での安全なリモート接続といった機能強化が施されたが、このTSはダイヤの原石だと考える人が多かった。つまり、まだ粗削りな部分があったのだ。

 Windows Server 2008 R2では、TSはリモートデスクトップサービス(RDS)に名称変更され、そうした部分の多くが解消されるとともに、多数の新機能が盛り込まれている。

 以下では、Windows Server 2008 R2のRDSで最も魅力的に進化した10の機能のうち8つを紹介しよう。

10. RemoteAppのユーザー別フィルタリング

 従来のTSでは、動的Webページでユーザーがダブルクリックでアプリケーションを起動できるTS Webアクセス機能が提供されてきた。

 この機能はアプリケーションを見つけるのに非常に便利だが、管理者はユーザー名やグループでアクセスを制限できない。Windows Server 2008 R2のRDSのリモートデスクトップWebアクセス(RD Webアクセス)では、この制限が行えるようになっている。

9. RD Webアクセスでの複数ホストのサポート

 TS Webアクセスには、単一のターミナルサーバか同じ構成のサーバのファームによるデータソースからしかアプリケーションの一覧が作成できないという制約があった。このため、アプリケーションセットが異なる複数のサーバをデータソースとし、それらのアプリケーションが集約された形で一覧を作成するのは困難だった。

 Windows Server 2008 R2では、1つのRD Webアクセスサーバが複数のリモートデスクトップサーバまたはファームに接続できる。

8. PowerShellによる管理

 Microsoftは、PowerShellによる管理の対象範囲の拡大を引き続き推進しており、リモートデスクトップのほとんどの構成をPowerShellで完全に操作できるようにしている。

 この機能とPowerShell 2.0のリモーティング機能を組み合わせることで、コマンドラインを使ってリモートデスクトップ管理を大幅に自動化できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。