2013年12月26日 08時00分 公開
特集/連載

小規模環境では注意すべし、VMware vSphere 5.5導入のポイントvCenter SSO周りで変化

「VMware vSphere 5.5」を導入した使用感をリポートする。vSphere 5.1に比べて利用しやすくなった点、設計上の注意しなければならない点をまとめた。

[宮原 徹,日本仮想化技術]

関連キーワード

VMware vSphere | Active Directory | Hyper-V | 認証 | 仮想化


 前回「これだけ読めばOK! VMware vSphere 5.5の注目すべき変更ポイント」では、「VMware vSphere 5.5」(以下、vSphere 5.5)の機能強化ポイントを解説した。今回は、実際にvSphere 5.5を導入してみての使用感をリポートする。

インストールするための前提条件

 「これだけ読めばOK! VMware vSphere 5.5の注目すべき変更ポイント」で解説したように、vSphere 5.5では認証系を受け持つ「vCenter Single Sign On」(vCenter SSO)周りに大幅な変更が加わっている。この仕様変更によるものか、vSphere 5.5の管理サーバである「vCenter Server 5.5」のWindows版をインストールするための条件が、以下のように変わった。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...