2011年06月17日 17時30分 公開
ニュース

シマンテック、VMware環境アプリケーションのリカバリソフト最新版NEWS

シマンテックがVMwareの仮想環境上で稼働するアプリケーションのリカバリソフトウェアの新バーションを発表した。仮想マシンとその上で稼働するアプリケーションのリカバリ・再起動が可能。

[TechTargetジャパン]

 シマンテックは6月17日、VMware仮想環境のアプリケーション管理ソフトウェアの新バージョン「Symantec ApplicationHA 5.1 SP2」(以下、Symantec ApplicationHA)を発表した。

 Symantec ApplicationHAはVMwareゲストOS上で稼働し、VMware環境上のアプリケーションの制御やリカバリなどを実施し、そのダウンタイムの最小化を支援する。今回のバージョンでは、ディザスタリカバリ(DR)自動化ソフト「VMware Site Recovery Manager(SRM)」の機能と連携し、仮想マシン内でアプリケーションの障害が発生した場合にはアプリケーションと仮想マシンの両方、またはいずれかのリカバリと再起動を必要に応じて実施する。

 またApplicationHAは、SRMが仮想マシンをプライマリサイトからDRサイトにフェイルオーバーする際、リカバリ後も継続してアプリケーションの健全性を監視し、仮想環境のクラスタリングシフトウェア「VMware HA との通信を再確立する。さらに、アプリケーションの状態を記録してリポートする機能を備えており、例えば、SRMのテスト時や被災時のサイトリカバリの状態を記録することも可能だ。

photo ApplicationHA画面

 新バージョンではダッシュボード管理機能を追加し、単一のダッシュボードで複数のゲストOSに跨る数百のアプリケーションを一元的に監視できる。さらに、ゲストOSの種類、ゲストOS上のアプリケーションのインベントリ、各アプリケーションなどの状態も表示可能になった。

 その他、ApplicationHAのインストールを簡素化した。ユーザーはvSphereクライアント画面から、ApplicationHAのゲストOSへのインストールや設定、管理なども実施できる。ApplicationHAの参考価格は、仮想マシン1台当たり8万2400円(税別)。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

SDGsの取り組みが認知されると、生活者の7割が行動を起こす――電通PR調査
SDGsの認知率は約4割。前年比15.6ポイント増と大きく伸長しています。今企業が取るべきア...

news162.jpg

「中古品の購入・使用への抵抗感」が増加 コロナ禍の影響か――メルカリ調査
メルカリによる定点調査。利用者が増え続けるフリマアプリですが、コロナ禍の消費者心理...

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?(無料eBook)
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...