2015年07月30日 15時00分 公開
特集/連載

仮想化をめぐる間違った常識ワースト10管理者は肝に銘じるべし(1/2 ページ)

ベストプラクティスは本来、管理者による大きな失策を回避するためのものだ。だが頻繁に指摘されるアドバイスの中には、間違っているものもある。本稿では、そうした間違ったプラクティス10選を紹介する。

[Margaret Jones,TechTarget]

仮想化をめぐるベストプラクティス、ワースト10

photo 資生堂が導入したDaaSのシステムイメージ。TechTargetジャパン「レスポンス悪化やトラブルを解決――資生堂の仮想デスクトップ導入奮闘記」より《クリックで拡大》

 ITの世界には、あらゆる技術に関してインストールや保守、監視、デリバリーのためのベストプラクティスがある。だが仮想化のベストプラクティスは適用する技術によって変化し、かつての優れたアイデアがひどく間違った情報に変わることも珍しくない。

 米コロラド州デンバーで2015年7月20〜22日(現地時間)に開催された技術カンファレンス「BriForum 2015」では、隔離技術を専門とする米Bromiumの幹部ダン・アレン氏と米Citrix Systemsの主任アーキテクトであるニック・リンタレン氏が、Citrix製品と米VMware製品に関するこれまでのベストプラクティスからワースト10を厳選して紹介した。

 さらに両氏は、「VDI(仮想デスクトップインフラ)は本質的に物理デスクトップよりもセキュリティレベルが高い」との通念に選外佳作を贈った。大半のIT管理者は、これが真実ではないことを知っている。だからこそ、VDIをサポートするIT部門は依然、セキュリティ対策に気を抜けない。ただしアレン氏とリンタレン氏が挙げたその他の通説の誤りは、そこまではっきりしたものではない。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...