仮想マシンの集約率を高める、Hyper-V 3.0の動的メモリ機能物理メモリ不足を軽減するスマートページングとは?

Hyper-V 3.0の動的メモリ機能には、最小メモリ設定とスマートページング機能が提供される。これらの機能は、仮想環境に柔軟性をもたらす他、仮想マシンの集約率を高める効果がある。

2012年06月29日 09時00分 公開
[Brien Posey,TechTarget]

 米Microsoftは、Hyper-V 3.0で動的メモリ機能を再設計し、従来のリリースの難点を克服した。

 物理メモリは、1台のホスト上で動作させることができる仮想マシン(VM)の数を制限する要因になることが多い。Hyper-Vの利用者は、Windows Server 2008 R2 SP1で導入された動的メモリ機能により、VMの集約率が向上するようにVM間でホストメモリの再割り当てを行えるようになった。

 動的メモリはHyper-Vの静的なメモリ割り当てよりも優れているが、第一世代の機能であるだけに、未成熟な部分があった。Hyper-V 3.0の動的メモリでは、最小メモリ設定とスマートページングという新機能が提供される。これらの機能は、この仮想化プラットフォームに新たな柔軟性をもたらす他、一部の仮想データセンターでは、集約率を一段と高める可能性がある(関連記事:ここまで変わった! Windows Server 2012のHyper-V 3.0の新機能)。

動的メモリで最小メモリサイズが設定可能に

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...