2012年06月29日 09時00分 公開
特集/連載

仮想マシンの集約率を高める、Hyper-V 3.0の動的メモリ機能物理メモリ不足を軽減するスマートページングとは?

Hyper-V 3.0の動的メモリ機能には、最小メモリ設定とスマートページング機能が提供される。これらの機能は、仮想環境に柔軟性をもたらす他、仮想マシンの集約率を高める効果がある。

[Brien Posey,TechTarget]

 米Microsoftは、Hyper-V 3.0で動的メモリ機能を再設計し、従来のリリースの難点を克服した。

 物理メモリは、1台のホスト上で動作させることができる仮想マシン(VM)の数を制限する要因になることが多い。Hyper-Vの利用者は、Windows Server 2008 R2 SP1で導入された動的メモリ機能により、VMの集約率が向上するようにVM間でホストメモリの再割り当てを行えるようになった。

 動的メモリはHyper-Vの静的なメモリ割り当てよりも優れているが、第一世代の機能であるだけに、未成熟な部分があった。Hyper-V 3.0の動的メモリでは、最小メモリ設定とスマートページングという新機能が提供される。これらの機能は、この仮想化プラットフォームに新たな柔軟性をもたらす他、一部の仮想データセンターでは、集約率を一段と高める可能性がある(関連記事:ここまで変わった! Windows Server 2012のHyper-V 3.0の新機能)。

動的メモリで最小メモリサイズが設定可能に

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...