2011年12月02日 09時00分 公開
特集/連載

Windows Server 8の無停止パッチ適用機能は管理者の福音となるか便利だが、管理者の望みは別?

Windows Server 8には、クラスタベースのパッチ配布技術が搭載される。これによりダウンタイムなしでパッチを適用できるが、これでWindows管理者のニーズは満たされるのか?

[Ed Scannell,TechTarget]

 多くの企業システム管理者が直面するパッチや更新プログラムの管理負担を軽減しようと、米Microsoftは、多数のパッチを多数のサーバに同時に配布できるクラスタベースの技術「Cluster Aware Update Wizard」(CAUW)に取り組んでいる。

 Windows Server 8に搭載されるCAUWにより、クラスタ化されたシステムをオフラインにすることなく更新プログラムを適用できるようになり、IT部門はコストの掛かるダウンタイムを回避できる。

 先ごろ、ワシントン州レドモンドでWindows Server 8の説明会が開催された。その席上でMicrosoft幹部は、CAUWは多くの企業顧客から寄せられている「パッチや更新プログラムの適用プロセスは、コストがかさみ、エラーが起こりやすいことが多過ぎる」という苦情に対応したものだと語った。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...