2011年12月02日 09時00分 公開
特集/連載

Windows Server 8の無停止パッチ適用機能は管理者の福音となるか便利だが、管理者の望みは別?

Windows Server 8には、クラスタベースのパッチ配布技術が搭載される。これによりダウンタイムなしでパッチを適用できるが、これでWindows管理者のニーズは満たされるのか?

[Ed Scannell,TechTarget]

 多くの企業システム管理者が直面するパッチや更新プログラムの管理負担を軽減しようと、米Microsoftは、多数のパッチを多数のサーバに同時に配布できるクラスタベースの技術「Cluster Aware Update Wizard」(CAUW)に取り組んでいる。

 Windows Server 8に搭載されるCAUWにより、クラスタ化されたシステムをオフラインにすることなく更新プログラムを適用できるようになり、IT部門はコストの掛かるダウンタイムを回避できる。

 先ごろ、ワシントン州レドモンドでWindows Server 8の説明会が開催された。その席上でMicrosoft幹部は、CAUWは多くの企業顧客から寄せられている「パッチや更新プログラムの適用プロセスは、コストがかさみ、エラーが起こりやすいことが多過ぎる」という苦情に対応したものだと語った。

ITmedia マーケティング新着記事

news191.jpg

メルマガ閲覧時間は「1分以内」が約7割――ユミルリンクとライトアップが共同調査
マーケティングにおける重要なプッシュツールであるメールマガジンについて、受け取る側...

news084.jpg

Twitter vs. イーロン・マスク氏 買収撤回を巡る訴訟合戦で最後に笑うのは誰?
Twitterを440億ドルで買収することで合意していたイーロン・マスク氏が契約の白紙撤回を...

news194.jpg

地上波テレビCMのモバイルアプリインストールへの貢献可視化へ Adjustとビデオリサーチが連携
広告主は地上波テレビCM経由のアトリビューションとその後のユーザーLTVを計測・分析し、...