「デスクトップ仮想化」は何が何でもやらなくてはいけないことなのか?まずは正しい評価から

全ての物理デスクトップPCが仮想化の対象になるのだろうか。デスクトップPCの評価は、仮想デスクトップインフラ(VDI)への大規模な投資を行う前に仮想化対象のPCを判断する一助となる。

2015年04月03日 08時00分 公開
[Craig KilbornTechTarget]

 米VMwareは2013年後半からエンドユーザーコンピューティング(EUC)の分野に大規模な投資を行っている。具体的には、サンジェイ・プーネン氏の入社やAdvanced版でアプリの公開機能を導入した同社の「VMware Horizon 6(with View)」の発売などだ。ついに幅を利かせている米Citrix Systemsの「Citrix XenApp」に新たな競合が誕生することになった。

 VMwareが行った投資によって、デスクトップPCやアプリの仮想化を検討する潜在顧客が増えたように思える。だが、全ての物理デスクトップPCが仮想化の対象になるとは限らない。仮想化の有無を決定するには、デスクトップPCの評価が必要になる。

デスクトップPCの評価

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...