2015年04月10日 12時00分 公開
特集/連載

2015年、「失敗しない仮想化技術選び」の答えは“コンバージド”?仮想化構築の第一歩

社内で仮想化を計画しているが、多くの要素があって混乱する。仮想化への第一歩として、どのようなポイントを考慮して計画を進めればよいかを紹介する。

[Nirmal Sharma,TechTarget]

 仮想化設計を計画する際は、ハードウェアからハイパーバイザーまで、多くの要素(レイヤー)を考慮しなければならない。本稿では、仮想インフラのさまざまなレイヤーを検討するとともに、どのように製品を選択し、自社環境を設計するかの指針を提供し、新たな仮想化の進め方を見ていく。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。