2015年02月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

実質的に無料にならない場合もタダに弱い人ほど注意 失敗しない「無料アプリ仮想化ソフト」選び6カ条

「無料で使えるアプリケーション仮想化ソフト」といえば聞こえはいいが、厄介な事態を引き起こしたり、必要な機能が無かったりすることがある。事前に検討すべき6つの項目を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
tt_tt_AppVirtualization.jpg

 アプリケーションをOSから切り離して運用できるようにする「アプリケーション仮想化」の導入を検討している企業には、無料のツールも含めてさまざまな選択肢がある。

 無料のツールを検討したくなるのは当然のことだ。市場には、あなたの全てのニーズを満たす無料のアプリケーション仮想化ソフトウェアが存在するかもしれない。だがこうした無料ツールに飛びつく前に、以下に挙げた考慮すべき6項目に目を通してほしい。

導入前に考慮すべき6つの項目

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...