2015年02月25日 12時00分 UPDATE
特集/連載

実質的に無料にならない場合もタダに弱い人ほど注意 失敗しない「無料アプリ仮想化ソフト」選び6カ条

「無料で使えるアプリケーション仮想化ソフト」といえば聞こえはいいが、厄介な事態を引き起こしたり、必要な機能が無かったりすることがある。事前に検討すべき6つの項目を紹介する。

[Brien Posey,TechTarget]
tt_tt_AppVirtualization.jpg

 アプリケーションをOSから切り離して運用できるようにする「アプリケーション仮想化」の導入を検討している企業には、無料のツールも含めてさまざまな選択肢がある。

 無料のツールを検討したくなるのは当然のことだ。市場には、あなたの全てのニーズを満たす無料のアプリケーション仮想化ソフトウェアが存在するかもしれない。だがこうした無料ツールに飛びつく前に、以下に挙げた考慮すべき6項目に目を通してほしい。

導入前に考慮すべき6つの項目

ITmedia マーケティング新着記事

news103.jpg

「InstagramよりTwitter」「脱毛に関心」他、男子大学生の実態――SHIBUYA109エンタテイメント調べ
同じ大学生でも意識や行動において男女の差は意外と大きなものがあるようです。

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...