2012年05月02日 18時30分 公開
特集/連載

Windows RTタブレット:非対応アプリはデスクトップ仮想化でサードパーティー製はMetroアプリのみサポート

Windows RT(Windows on ARM)のデスクトップモードで使えるのはMicrosoftアプリのみ。サードベンダーアプリはMetro版しかサポートされない。この制限を回避する方法とは?

[Brien M. Posey,TechTarget]

 デスクトップ仮想化は、Windows RTにおけるレガシーまたはサードパーティーアプリケーションの利用の問題を克服するのに役立つ。

 「ARM版Windows 8」あるいは「Windows on ARM(WOA)」などと呼ばれてきた「Windows RT」は、米AppleのiPadに挑む米Microsoftが新たに投入する本格的なタブレット専用OSだ。この新OSの登場はタブレットユーザーにとって、OSの選択肢が増えることを意味する。しかしWindows RTタブレットはアプリケーションサポートに制限があり、このことが普及の妨げになりかねない。

 幸いなことに、仮想デスクトップに接続すれば、この制限を回避できる。アプリケーションは端末上ではなく、バックエンドサーバで動作するからだ。しかし、仮想デスクトップ環境におけるWindows RTの利用について見る前に、Windows RTタブレットでのMicrosoftのアプリケーションサポートにどのような制限があるのかを理解しておく必要がある。

Windows RTのサポートの制限

 Windows RTでは、新しいMetroインタフェースが採用される。Metroインタフェースでは、静的なアイコンの代わりに(Windows Phoneのインタフェースと同様の)動的なタイルが使用されるが、Metroアプリしか動作しない。Metroアプリは、Windows 8とそのタッチ操作用に設計されたアプリだ(画面1)。

MetroインタフェースではMetroアプリが動作する 画面1 MetroインタフェースではMetroアプリが動作する

 もちろん、MicrosoftがレガシーWindowsアプリをサポートしなければ、大きな反発があるだろう。同社はそれを踏まえ、これらのアプリをサポートするためにデスクトップモードを開発した。デスクトップタイルをクリックしてデスクトップモードに切り替えると、Metroに対応していないアプリを実行できる(画面2)。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...