2011年03月02日 09時00分 公開
特集/連載

仮想化セキュリティ:ハイパーバイザー攻撃の対策ハイパーバイザーを2つのタイプで分析

仮想化のセキュリティでは、各インフラストラクチャに適したハイパーバイザーを選択することが肝要だ。

[Brien Posey,TechTarget]

 ITセキュリティはちょっとしたパラドックスに陥っている。ネットワーク管理者が守らなければならないセキュリティ関連の規制は前代未聞の数になっているが、業界自体は仮想化に関するセキュリティの意味を理解し始めたばかりだ。そこで、仮想データセンターにおいて仮想化のセキュリティ対策として何をすべきかを考えたい。

 仮想化のセキュリティの話に入る前に、まず米VMwareのVMware ESXや米MicrosoftHyper-Vなどの仮想化プラットフォームが使用するハイパーバイザーについて考えて見よう。ハイパーバイザーをどの程度攻撃できるかについては、さまざまな俗説がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

news034.jpg

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

news023.jpg

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...