2021年04月21日 18時00分 公開
特集/連載

気象庁が中枢システムを仮想化基盤に移行 防災・減災に向けたデータ活用を加速NEWS

気象庁は仮想化製品で構築したインフラに3つの中枢システムを移行させ、統合運用管理を実現。運用負荷軽減とシステム開発の迅速化を図るとともに、防災や減災に向けたデータ活用を強化する。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

関連キーワード

業務改善 | データ分析 | 統合運用管理


 気象庁は仮想化製品で構築した独自インフラ「気象庁情報システム基盤」に、気象観測データの処理を担う中枢システムを移行させ、2021年3月に運用を開始した。気象庁は今回のシステム移行によって、インフラ運用の負荷やコストを削減するとともに、防災や減災に向けたデータ活用を加速させる。

気象予測の精度を向上、リアルタイム配信を実現

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...