2021年04月21日 18時00分 公開
特集/連載

気象庁が中枢システムを仮想化基盤に移行 防災・減災に向けたデータ活用を加速NEWS

気象庁は仮想化製品で構築したインフラに3つの中枢システムを移行させ、統合運用管理を実現。運用負荷軽減とシステム開発の迅速化を図るとともに、防災や減災に向けたデータ活用を強化する。

[ゼンフ ミシャ,TechTargetジャパン]

関連キーワード

業務改善 | データ分析 | 統合運用管理


 気象庁は仮想化製品で構築した独自インフラ「気象庁情報システム基盤」に、気象観測データの処理を担う中枢システムを移行させ、2021年3月に運用を開始した。気象庁は今回のシステム移行によって、インフラ運用の負荷やコストを削減するとともに、防災や減災に向けたデータ活用を加速させる。

気象予測の精度を向上、リアルタイム配信を実現

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

Ziplocの「下味冷凍」プロジェクトに学ぶ“ピンチをチャンスに変える”マーケティング
コロナ禍で大きく変わった生活者の動向とメディアニーズ。変化に対して俊敏に対応した成...

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。