2020年09月23日 05時00分 公開
特集/連載

「MLOps」ツールの機能とは? 使える機械学習モデルを生み出す「AIOps」とは何か【第4回】

「AIOps」に似た言葉として「MLOps」がある。機械学習モデルの開発における課題を解消することがその目的だ。MLOpsツールが持つ役割を紹介する。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | 機械学習 | 運用管理


 「MLOps」とは、開発チームと運用チームが協調して開発を進める手法「DevOps」を機械学習モデルの開発に生かす手法だ。システム運用にAI(人工知能)技術を取り入れる「AIOps」と比べると、手段と目的が逆になっている。MLOpsツールは機械学習モデルのバージョンやイテレーション(短期間で繰り返す開発サイクルの単位)の管理に役立つ。

「MLOpsツール」が有効な機械学習モデル開発に役立つ理由

 機械学習モデル開発から本番環境での運用において、MLOpsツールは下記のようなタスクを実行する。

  • 複数の機械学習モデルのバージョン管理
  • エンドユーザーに対する機械学習モデルの変更点の通知
  • 機械学習モデルのバージョン履歴の可視化
  • 不要になった機械学習モデルの廃止

 MLOpsツールは新たな機械学習モデルの開発と管理だけでなく、既存モデルの監視と管理、再トレーニングなどにも役立つ。機械学習モデルの運用状況を常に監視し、本番環境で適切に機能しているかどうか、学習に使用した教師データと本番環境のデータに食い違いが生じていないかどうかなどを確認できる。データ来歴(データの起源や変更、使用などの履歴)を追跡し、トレーニングに使用したどの教師データが本番環境のどのデータと一致しているのかを確認することも可能だ。

 機能が充実したMLOpsツールの場合、機械学習モデルのレジストリ(格納場所)やカタログを提供し、エンドユーザーはそれぞれの用途に適した機械学習モデルを探すことができる。機械学習モデルのガバナンス機能を搭載しているMLOpsツールもあり、監査、コンプライアンス、アクセス制御などのポリシーに沿っているかどうかを監視する。

 機械学習モデルそのものに加えて、それらと依存関係にあるデータを保護する機能を備えたMLOpsツールもある。こうしたMLOpsツールは機械学習モデルとデータへの攻撃の防御、機械学習モデル全体の脆弱(ぜいじゃく)性の可視化などの機能を提供する。


 これまでに紹介してきたように、「ITOps」やDevOpsだけでなく、AI技術を取り入れることでAIOpsやMLOpsなど「Ops」を冠する新たな手法が登場している。こうした新たな手法は、いずれも開発や本番運用、開発したシステムの管理に大きな変化をもたらしている。AI技術を取り入れることで運用管理がますます自動化し、活発に変化を続けることは間違いないだろう。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

ファイザーCEOが語る企業文化 コロナ禍から世界を救う製薬会社が重視する4つのコアバリュー
新型コロナウイルスワクチンの開発で一躍脚光を浴びることとなったファイザー。不可能を...

news012.jpg

「マーケティングオートメーション」 売れ筋TOP10(2021年5月)
2021年5月も国内マーケティングオートメーション(MA)市場は順調に成長しています。「Sa...

news035.jpg

日本のエンターテインメント&メディアビジネスが「サブスク」の時代に生きる道とは?
メディアの時代からコンテンツの時代へ。コロナ後のエンターテインメント&メディア業界...