2020年09月23日 05時00分 公開
特集/連載

「MLOps」ツールの機能とは? 使える機械学習モデルを生み出す「AIOps」とは何か【第4回】

「AIOps」に似た言葉として「MLOps」がある。機械学習モデルの開発における課題を解消することがその目的だ。MLOpsツールが持つ役割を紹介する。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

関連キーワード

DevOps | 機械学習 | 運用管理


 「MLOps」とは、開発チームと運用チームが協調して開発を進める手法「DevOps」を機械学習モデルの開発に生かす手法だ。システム運用にAI(人工知能)技術を取り入れる「AIOps」と比べると、手段と目的が逆になっている。MLOpsツールは機械学習モデルのバージョンやイテレーション(短期間で繰り返す開発サイクルの単位)の管理に役立つ。

「MLOpsツール」が有効な機械学習モデル開発に役立つ理由

 機械学習モデル開発から本番環境での運用において、MLOpsツールは下記のようなタスクを実行する。

  • 複数の機械学習モデルのバージョン管理
  • エンドユーザーに対する機械学習モデルの変更点の通知
  • 機械学習モデルのバージョン履歴の可視化
  • 不要になった機械学習モデルの廃止

 MLOpsツールは新たな機械学習モデルの開発と管理だけでなく、既存モデルの監視と管理、再トレーニングなどにも役立つ。機械学習モデルの運用状況を常に監視し、本番環境で適切に機能しているかどうか、学習に使用した教師データと本番環境のデータに食い違いが生じていないかどうかなどを確認できる。データ来歴(データの起源や変更、使用などの履歴)を追跡し、トレーニングに使用したどの教師データが本番環境のどのデータと一致しているのかを確認することも可能だ。

 機能が充実したMLOpsツールの場合、機械学習モデルのレジストリ(格納場所)やカタログを提供し、エンドユーザーはそれぞれの用途に適した機械学習モデルを探すことができる。機械学習モデルのガバナンス機能を搭載しているMLOpsツールもあり、監査、コンプライアンス、アクセス制御などのポリシーに沿っているかどうかを監視する。

 機械学習モデルそのものに加えて、それらと依存関係にあるデータを保護する機能を備えたMLOpsツールもある。こうしたMLOpsツールは機械学習モデルとデータへの攻撃の防御、機械学習モデル全体の脆弱(ぜいじゃく)性の可視化などの機能を提供する。


 これまでに紹介してきたように、「ITOps」やDevOpsだけでなく、AI技術を取り入れることでAIOpsやMLOpsなど「Ops」を冠する新たな手法が登場している。こうした新たな手法は、いずれも開発や本番運用、開発したシステムの管理に大きな変化をもたらしている。AI技術を取り入れることで運用管理がますます自動化し、活発に変化を続けることは間違いないだろう。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news022.jpg

中国向けマーケティング インバウンド“蒸発”をどう乗り越える?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news063.jpg

iOS 14新機能「App Clip」を自社ビジネスに活用する方法
Appleの最新OS「iOS 14」に搭載された新機能の一つ「App Clip」を自社ビジネスに活用する...

news047.jpg

読書「好き」59.7% 新聞「読まない」67.3%――日本財団が「読む・書く」をテーマに18歳意識調査
日本財団は「読む・書く」をテーマに30回目の18歳意識調査を実施しました。