2011年12月19日 09時00分 公開
特集/連載

デスクトップ仮想化、2012年に評価を予定する企業は約26%なかなか進まないデスクトップ仮想化導入。その理由は?

ベンダーが積極的にデスクトップ仮想化のメリットを訴え導入を促す一方で、多くのユーザー企業は従来のPC運用からの脱却に関心がないことが米TechTargetの調査で分かった。

[Bridget Botelho,TechTarget]

 Windows環境を主体としており、翌年にデスクトップ仮想化の評価を予定している企業は、2010年に比べて2011年は増加した。だが、全面導入を計画している企業の割合はわずかであり、多くの企業では従来のPC運用からの脱却に関心がないことが、米TechTargetが最近実施した「Windows Purchasing Intentions 2012(2012年Windows購入移行調査)」で分かった。

 この調査の回答企業560社のうち33%は、デスクトップ仮想化に関心がないと答えている。大手ベンダーがここ数年の流れを引き継いでデスクトップ仮想化のメリットを訴えていることを考えると、皮肉な結果だ。

 「デスクトップ仮想化は、特殊なケース(に利用する技術)のように思える。万人向けではない」と、米ITコンサルティング会社Evolve Technologiesのデーブ・ソーベルCEOは話す。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。