2013年06月25日 08時00分 公開
特集/連載

モバイル市場に吸い寄せられる仮想化ベンダーイベントはもはやモビリティの国際見本市

多くのITベンダーがデスクトップ向けソリューションからモバイル向けにシフトしている。特に、Citrix、VMwareといった仮想化ベンダーはその動きが顕著だ。

[Gabe Knuth,TechTarget]

 ここ最近のベンダー各社の変化は、デスクトップ仮想化市場の中心が徐々にモビリティへシフトしていることを示している。

 米Citrix Systemsは先日、2013年10月にロンドンで開催を予定していたカンファレンス、Citrix Synergyをキャンセルすると発表した。比較的小規模のモビリティ関連展示会が欧州各地で開催されるのを受けてのことだ。これはCitrixがデスクトップおよびアプリケーション仮想化から、モビリティ志向へ移りつつあることを暗示する最新の兆候だ。“Citrix 2.0”と呼んでもいいだろう。

 それは、Citrixがデスクトップ市場から撤退することを意味するわけではない(現在も同社が市場で大きな役割を担っていることは間違いなく、その革新性が色あせたわけでもない)が、このデスクトップ仮想化ベンダーが、いま翼を大きく広げようとしている印象を強く抱かせる。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...