2011年04月14日 09時00分 公開
特集/連載

タブレットとデスクトップ仮想化で実現するモバイルUC完全なデバイス非依存が目標

デスクトップ仮想化による「デバイスに依存しない実行環境」と、タブレットやスマートフォンによる「モバイル化」。場所や端末に依存しない職場環境を実現するファクターはそろった。それらをどう組み合わせる?

[John Burke,TechTarget]

 「仮想エンタープライズ」が目指すのは、場所や端末に依存しない職場環境の提供だ。そのため、仮想エンタープライズの実現には、モビリティーの全面的なサポートが不可欠となる。スマートフォンやiPadをはじめとするタブレット端末の登場により、多くのIT部門は「未来はモバイルにあり」との明確な考えを抱くようになりつつある。モバイルプラットフォームをある程度サポートしている企業は、今や全体の70%以上を占める。また、既に11%の企業は、「エンタープライズシステムへのアクセスの手段がモバイル端末だけというユーザーがいる」と報告している。そうしたユーザーの比率は平均では2%弱だが、最も高いところでは38%に達している。

 モバイル化の取り組みを成功させられるかどうかは、モビリティー戦略を明確にし、その戦略の策定時にリスク査定を行うかどうかと強い相関を持っている。検討すべき主要なリスク要因の1つは、UC(ユニファイドコミュニケーション)環境におけるモバイルプラットフォームの扱いだ。固定・携帯融合(FMC:Fixed Mobile Convergence)ソリューションを使えば、構内VoIPへのスマートフォンの統合は容易かもしれない(参考:FMC(固定と携帯の融合)の導入準備)が、この方法は、例えば韓国のSamsung製GALAXY Tabのように音声通話機能なしの端末にはあまり役に立たない。多様なプラットフォームのユーザーが、ノートPCやデスクトップPCのユーザーと同様のリッチなツール群を使えるようにするためには、どうすればいいのだろうか?

デスクトップ仮想化でモバイルUCのチャンネルを開く

関連ホワイトペーパー

仮想化 | スマートフォン | iPhone | Linux


ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。